移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


TOP > 2006年09月
2006/09/29

終わる世界、終わらない夏休み 桜井深優の終末

オンライン書店ビーケーワン:終わる世界、終わらない夏休み終わる世界、終わらない夏休み


あきさか あさひ著
エンターブレイン(2006.10)

世界の週末を予言された、最後の4日間の間でループし続ける世界。
和也が死に、亜美と別れた深優はそれから40回もの「終末」をある時は和也達と、ある時は一人で繰り返していた。全てに疲れた深優は次回のループの時には自らを「終末」に委ねようと決断する。ループの間に芽生えた和也への想いと共に…3人は世界を終末から救い、永遠の円環を断ち切ることが出来るのか?

うわあやばい泣いた。めちゃくちゃ泣いた。
前回でヒロイン格だった亜美ではなく、最後まで脇役に徹していた深優視点でのストーリーと聞いて期待半分・不安半分という感じだったのですが予想を遥かに越えて良かった。っていうか深優がかっこよすぎる…失恋した相手に笑ってあんな台詞吐ける娘なんて中々いないよ。

40回のループの間にすっかり悲観的になってしまった深優、元々世界が滅んでも構わないと思っていた和也、笑顔の仮面を被っていた亜美が少しずつ、でも確実に前向きに歩き出していく姿に感動。各キャラクターの心情の変化が凄く顕著で、その変化を感じられるのが嬉しい。それにつれて、3人の努力が実を結んでどんどん良い方向にもっていき、最初のループでは全く悲観的で動きようがなかった人々の心さえ少しずつ傾いていく姿が、読んでいる側としても凄く嬉しくて、特にあの「グラサン男」とのやりとりとラストのセントラルタワー屋上での演説シーンでは、涙が止まらなくなってしまいました。

とりあえず全力でオススメしときます!!
1巻でやめようかなーと思ってる人は今からでも是非!!

TOP > 2006年09月
2006/09/28

とらドラ!3

オンライン書店ビーケーワン:とらドラ! 3とらドラ! 3


竹宮 ゆゆこ〔著〕
メディアワークス(2006.9)

大河に亜美との仲を誤解され、お互いぎくしゃくしたまま迎えたプール開き。少しだけ大河と仲直りできたかと思ったのもつかの間、なんと大河と亜美が水泳で対決することとなってしまい、頭を抱える竜児。しかも大河はとんでもないカナヅチで…!?

当人は気づいてないんだけど周りからみたら明らかにお前ら相思相愛だろ!って雰囲気がたまらんです。明らかに亜美に嫉妬してるのに、それを断じて認められなかったり、感極まって「竜児は、私のだぁぁぁぁぁーーー!!」と叫びだしちゃう大河が激しく可愛い。逆に竜児の方も少しずつ大河に傾いている様子が見受けられて、最初から最後までとにかくニヤニヤしっぱなし。ラブコメはくっついた後よりもくっつく前のもどかしい関係が大好きな私にとっては至高のラブコメシリーズかも。

今回は全体的に少し人間的に弱いというか脆い大河の様子がとにかく可愛かったです。普段「手乗りタイガー」なんていわれて恐れられていても実は泳げなかったり、貧乳を気にしていたり、女の子らしく嫉妬してしまっていたり(しかもそれを嫉妬と認められなかったり)で普通の女の子らしい部分が強調されていたように思えます。ああ大河たん可愛いよ大河たん。普段の「手乗りタイガー」な彼女とのギャップがたまらない!!

竜児に気のあるそぶりを見せる亜美や相変わらず良い味出してるみのりんもとても良い感じです。しかし個人的には水泳勝負でキレて猛烈に追い上げてくる亜美タンをもっと頑張って描写してほしかったなあ(笑)
みのりんの「偽乳特戦隊」は2006年ラノベ最強の迷言だと思います。

次巻はやはり亜美の別荘での夏休みネタでしょうか。かなり楽しみ。

TOP > 2006年09月
2006/09/27

グロリアスドーン 1 少女は黎明に唄う

オンライン書店ビーケーワン:グロリアスドーン 1グロリアスドーン 1


庄司 卓著
ホビージャパン(2006.9)

広大が目が醒ますと、隣りにギャルゲーの如く謎の美少女を抱きしめていた。ティセと名乗る彼女は行き倒れたところを母親に拾われてきたという。ところがちょっと不思議系でボンヤリした彼女の正体は「bioクラフト」と呼ばれ、ドリルと強大な力を持つ異星の知的生命体だったのだ。
広大は母親からティセの「bioパートナー」として契約をするよう迫られるが…
正直、庄司卓作品は「倒凶十将伝」で5年以上蛇の生殺しのような痛い目を見たので「どんなに面白そうでももう手を出さない!!」と密かに心に決めておりました。

それで、ラノベ界で一番挿絵買い率の高い四季童子さんが挿絵で来るとか
これなんの陰謀?

そういえば「倒凶〜」を買ったきっかけも挿絵画家買いだったような。

というわけで、「ヤマモトヨーコ」シリーズでおなじみの庄司さんの新作SFシリーズ。中学生時代ヤマモトヨーコ読者だったので、それを思い出しつつ楽しんでました。
何はともあれ天然で不思議系のティセが可愛い!幼馴染のツンデレヒロイン(?)の恵子ちゃんも可愛いので、個人的には最終的に広大はどちらとくっつくのか非常に楽しみです(笑)

色々とシリアスになりそうな設定や展開を満載にしつつ、序盤では学園ドタバタ系をしつつ最後にはちゃんと熱い宇宙バトルでキメてきます。シリアスな展開もさることながら、コメディタッチ名全編に散りばめられたパロディ要素に時々ニヤリ。古い作品だけでなく、最近の萌えもバッチリ掴んでいるらしい庄司先生、流石です。よもや1巻のクライマックスにあたる一番重要なシーンで伝説の「あててんのよ」が来るとは夢にも思いませんでした。

いや、作品に点数つけるとして「あててんのよ」だけに90点あげてもいい

しかしよくも悪くも「古き良き時代の富士見ファンタジア文庫」を思い出すのは何故。
特に関連性ないんだけどスレイヤーズとか、あかほりさとるとか、そのへん。
「倒凶〜」以来敬遠してたけど、改めて読むと面白いんですけどね、この人。
途中で読むのやめたヤマモトヨーコを改めて読み直したくなってきたなあ…。


ちょっと今後主要になるであろうキャラクターが一気に顔見せをしてくるのでキャラクターの立場関係がイマイチ掴みきれなかったりして混乱する所もありましたが(ティセ達+クイックストーンサイレントカレントだけ出して、あとは次巻以降に小出しでもよかったような…)次巻が非常に楽しみです!

TOP > 2006年09月
2006/09/23

とらドラ!2

amazon.co.jp:とらドラ2!とらドラ! 2


竹宮 ゆゆこ〔著〕
メディアワークス(2006.5)

大河と竜児のクラスに、北村の幼馴染で美人の転校生・川嶋亜美が現れた。
雑誌でモデルをやっている彼女はすぐにクラスに溶け込み、その中心になっていく。
しかし、そんな彼女の本性は外面全開の性悪女で…!?
新キャラクターの亜美以上に櫛枝が良い味だしてます。
怒るときは怒るけど、過ぎた事は気にしないサッパリした気性に加えて情に熱い性格が最高。

しかしダイエットの話は…ありゃ温度下がるよなあ。可愛くなりたい女の子にはほぼ全世界共通のタブー項目でしょう。オシャレには無頓着気味な私でも、明らかに自分より体型良くて可愛い女の子にあんな発言されたらキレます。

そして同時に
「自分を『天然って言われる』、という人間に、まともな奴なんかいないのよ」

この部分に激しく同意。
自分が同じ女性だというのもありますが、こんな発言されたらぶっちゃけドン引きですよ。みのりんのオーバーリアクションには大爆笑しましたがw
天然っていうのは自分が天然だってわからない人のことを言うんだよ!自分のこと天然だとおもってる奴は確信犯っていうのです。

でも同時に、外面作って取り繕ってしまう亜美の気持ちも痛い程判る。きっとこの子もいろいろあってああいう性格になったんだろうなあ。ブチ切れてストーカーに突撃していく亜美が最高でした。余程溜まってたのね…!

ちょっと終わりが尻切れトンボっぽかったのが気になりますが相変わらず面白かったです。早いところ新刊買って来よう。

短編は爆笑しながら読んでましたが、生徒会長のキャラが最高。ていうかフルメタといい、殺×愛といい、最近個性爆発な生徒会長が多すぎですよラノベ界!

TOP > 2006年09月
2006/09/23

同人系女子をラノベにはめようと考える試み

元ネタ:ちょいオタ娘を攻略するためのライトノベルはこれだ! (ウィンドバード::Recreation)

自分の周りでは割合真面目な本は読むけど「ライトノベルを読んでいる」という同人オタ娘は少ない。人気どころ(キノ、マ王、戯言等)や昔の作品(スレイヤーズ&オーフェン)を読んでいたという人は良く聞くけれど、それ以上の未アニメ化マイナー作品にまで手を伸ばしているのは殆ど居ない気がします。

というわけで、同じ同人オタ娘として人気作品からどうやって同人オタ娘をマイナーラノベに引っ張っていくかいくつかのパターンに自分なりに考えて見ました。
といっても自分はお世辞にも世間のラノベサイトの人ほどラノベを読んでいるとは言えないので(しかも読んでいるのは微妙どころばかり…)、もし良かったらどなたか適当に補足していただけると喜びます。特に同じ同人娘ラノベラーの皆様!

熱血作品系で釣るのもやりたいんですが、周囲に同じベクトルの熱血キャラ萌えな友達があまり居ないのでイマイチ具体的な案が浮かびません。とりあえず私なら9S→フルメタ→禁書→終わりのクロニクルというルートでいくかも(最後明らかに厳しい)

1)キノの旅→しにがみのバラッド。
(とにかく同系統で攻める:→アリソン→リリアとトレイズ→半分の月が昇る空)
(ここから別の人気挿絵画家に繋げる:→バイトでウィザード(研修生編)→バイトでウィザード(長編)→ダブルブリッド)
(人気作品につられがちなオタ娘向け:→涼宮ハルヒの憂鬱→灼眼のシャナ)

とりあえず元々本を読むのが得意ではないオタ娘を人気作品と挿絵で釣ってみるルート。

キノの旅としにがみのバラッドは文句なしに女性受けしている作品だと思うので、そこから挿絵つながりで釣っていく。ウィンドバードさんのエントリでも同じルートが紹介されてますが、「ポストガール」とかは読んだことないので、とりあえずストーリー的には短編系で釣ってみた。「半分の月は〜」は未読なので合ってるかどうかよくわからないですが。
バイトでウィザードに繋げるルートはいきなり作品の傾向が変わるので相手がバイトやダブルブリッドが苦手な系統かどうか確認取らないと厳しいかも。「ダブルブリッド」は大分ハードルが高いです。
ハルヒに繋げるルートはアニメを見せてから原作に繋げるのが吉?

2)(西尾版デスノート)→戯言シリーズ
(ファウスト系:→その他の西尾作品→空の境界)
(低温主人公責め:→Missing・夜魔→レジンキャストミルク→殺×愛)
(低温展開責め:→ブギーポップ→桜庭一樹作品)
(薀蓄大好きな人向け:→Missing・夜魔→文学少女)

戯言とか、元々文章を読むのが好きなオタ娘を薀蓄や低温主人公で釣ってみるルート。

戯言→Missingは実際友人に勧めて成功してるので結構高確率でハマってくれます。あとMissingは空目と俊也でカップリング作る人が多いようなので腐女子にも人気。やったことないですが桜庭作品もうけそうな予感。あと元々戯言が好きなオタ娘は多いですが、知らないなら敢えて現在話題性のある西尾デスノから行ってみるのがよいかなーとか。ちなみにこのルートのオタ娘には「ダブルブリッド」の評判も割合悪くなかった(少なくても4巻までは)。あと成田作品がウケてましたね。
ファウスト系は詳しくないのでとりあえず有名どころということで空の境界につなげてみましたが実際どのくらい読者が被るんだろう。

3)今日からマ王!←→少年陰陽師
(男コンビが大活躍:→イリーガルテクニカ)
(ひたすら人気同人作家系で釣る:→さよならトロイメライ→ランブリングカレイド→最後の夏に見上げた空は→ヒドラ)
(腐女子に人気な漫画家で釣る:→カスタムチャイルド→キーリ)
(マ王からコミカル系攻め:→スレイヤーズ!(第二部以外)→バイトでウィザード短編→涼宮ハルヒ)
続・コミカル系攻/劇薬編→学園キノ→キノの旅→ドクロちゃんです→ドクロちゃん)

完全な腐女子をかなり強引にラノベ道に落とそうルート。
このルートだと始めが「機動戦士ガンダムSEEDノベライズ→イリーガルテクニカ→」と後藤リウでつなげていくのもアリかも。ついでに間に平井つながりでファフナーを入れて、沖方作品につなげるという手も。特にSEEDはストーリーに不満持ってる人が多いから読ませやすいですw
人気同人作家で攻めるのは大分厳しいな…トロイメライは未読なのでランブリング・カレイドとどちらから先に読ませればいいのか判らないです。

劇薬編はパロディ大好きな腐女子達に捧ぐ。色々と素人にはお奨めできない。

番外編)今日からマ王!→フルメタル・パニック→スクラップド・プリンセス→涼宮ハルヒ→とらドラ!

角川・富士見の人気作品から徐々に電撃にハメていくルート…と見せかけて今流行りの男のツンデレで釣るルート
正確に言うとヴォルフラム→カシム(子供時代宗介)→相良宗介→シャノン→キョン→高須竜児という感じで。ただし事前に該当キャラがどのようにツンデレか熱く語っておく必要があります。
え、宗介は最強のツンデレですよ!?
かなめに対してのデレデレっぷりとか。

つまり最後はどうみても趣味です本当に有難うございました。



番外編2)マリア様がみてる→しずるさんシリーズ→カーリー→レジンキャストミルク

なんとまいじゃー推進委員会さんからTB頂いてしまったので追記。「マリみて」のような女子高ノリが大好きな百合姉妹達に贈る、コバルト系から電撃の深みまで誘ってさしあげるルート。

実は「カーリー」は絶対に同人オタ女子向けだと思っていたので入れるパターンを考えていたのですが『人気作品から繋げる』というコンセプトを考慮すると自分の読んだ作品でつなげられそうな人気作品がありませんでした…。むしろ絶対「マリみて」から繋げるべきなんだけど私が「マリみて」を未読という。

女の子2人の一歩間違えると妖しい友情関係を軸に、とりあえず「ブギーポップ」で有名な上遠野作品を読ませて後は挿絵つながり。椋本夏夜って結構こっち系好きな女子には受け良さそうだと思うんですがどうでしょう。「レジンキャストミルク」は人を選ぶので駄目そうだなと思ったら「Add」か「マテリアルナイト」あたりに繋ぐと良いかと。裏ルート名は「オタク女子はもっと椋本夏夜にハマるといいよルート」。


いつのまにやら色々なところから言及戴いてて嬉しいやら恥ずかしいやら。
「彩雲国物語」と「ウィザーズブレイン」「お・り・が・み」は近いうち必ず読んでみようと思います。

ところで…凄い今更ですが、元にした記事への言及リンクを忘れていた事に気が付きました_| ̄|○
いえ、一応記事リンク自体は微妙にあったのですが肝心の記事への言及がないとか…ネタ記事初心者で申し訳ないです_| ̄|○

TOP > 2006年09月
2006/09/22

今日からマのつく自由業!

オンライン書店ビーケーワン:今日からマのつく自由業!今日からマのつく自由業!


喬林 知〔著〕
角川書店(2001.10)

ごく普通の男子高校生・渋谷有利はクラスメイトが苛められているのを止めに入ろうとして、逆に女子トイレの便器に頭を突っ込まれてしまう。ところがその便器に頭から吸い込まれたとおもったら、便器の先は異世界で、しかも「貴方は魔王です」なんて言われてしまい…!?

多分世間の「腐」女子に一番人気があるのではないかとおもわれるライトノベル。
あんまり露骨なのはちょっとなーと思い今まで敬遠してきましたが、古本で発見したので読んでみたら普通に面白かったです。もっと露骨にBL臭いのかと思ってたら普通にコミカルな異世界ファンタジー小説でした。

いやまあたしかに
ドキッ!魔族だらけの美男子大会!!ツンデレもあるよ!!
って感じではあるんですけど。

異世界に迷い込んでしまったら確かに習慣も慣習も違うよなあ…本人のあずかり知らぬところでなぜか男にプロポーズしてしまったり(しかも誰もそれに対してツッコミ入れてくれなかったり)、更に知らないうちに決闘することにされてしまったりで異世界間コミュニケーションの違いに振り回される姿に爆笑しました。

そして結構周囲のテンションに流されながらも、いざというときは熱く決めてくれる有利に燃え。
何気に色々とかかわりありそうなコンラッドとのコンビも良いですし、ちょっと暴走気味の指南役・ギュンターも良い味出してます。(でもギュンターさん…いくら●薬の所為とはいえ、鼻血はどうかとおもうよ鼻血は…!!)

何より頭脳派ツンデレ生意気少年スキーとしては金髪生意気美少年ヴォルフラムのツンデレっぷりに終始踊らされっぱなし。本人は態度に出していないつもりでも、段々有利のペースに乗せられていって気が付くとかなりなついてる…というその経緯がたまらんですよ。男のツンデレってほんと萌えますね!!

TOP > 2006年09月
2006/09/20

とらドラ!

オンライン書店ビーケーワン:とらドラ!とらドラ!


竹宮 ゆゆこ〔著〕
メディアワークス(2006.3)

目付きが悪く不良と間違えられることが悩みの“普通の少年”高須竜児は、とあるアクシデントをきっかけにクラス中から「手乗りタイガー」と呼ばれ恐れられる少女・逢坂大河とお互いの恋愛を成就させるため、共同戦線を組む事になるが…

うわああああ大河たん可愛いよ大河たん!

ちっちゃくても凶暴でツンデレで一生懸命ででもドジっ娘とか色々と最高です大河たん。可愛すぎるぜ大河たん。
序盤の展開でどうしても「涼宮ハルヒ」を思い起こしてしまいましたが、最後まで読んだら上質なラブコメでした。基本的にただの学園ラブコメには興味のない私ですがこれはツボに来た。お約束な展開の連続も非常に良いです。特にラストの展開は電車の中だというのに終始ニヤニヤが止まりませんでした。二人に幸あれ!

そして同時に大河も非常に可愛いんだけど、主人公の竜児がツボでした。
涼宮ハルヒにおけるキョンのような、ツッコミの激しいただの学生かと思っていたらなんと完璧な主夫。一家に一人欲しいタイプです。婿に欲しい。絶対こいつと一週間寝食を共にしたら餌付けされてしまうと思われる。是非我が家に来てお弁当を作って下さい。そして樹海になってる自室を掃除してくだs(強制終了)

余談ですが、1巻を購入した翌日にアニメイトの「とらドラ!フェア」を知り
猛烈に後悔した今日この頃です。とりあえず2巻はメイトで買いました。
3巻の在庫を店員に聞いたところ0.1秒で「ありません」と返事をされてビビりました。
そんなに聞いてくる人が多かったんだろうか…露骨に「もうその話はしないでくれYO!!」というオーラが漂ってましたが。

TOP > 2006年09月
2006/09/20

レジンキャストミルク5

オンライン書店ビーケーワン:レジンキャストミルク 5レジンキャストミルク 5


藤原 祐〔著〕
メディアワークス(2006.9)

姫島姫・君島直子を狙った一件から暫く、平穏な毎日を送っていた晶達。
しかし、屋上で殊子や蜜に言われた何気ない一言が晶の心を揺さぶる。
そして同時に、少しずつ「非日常」の方が居心地良くなっていく自分に戸惑う晶。
しかもそこに、明らかに怪しげな双子の転校生が現れて…

「私達はね…変わりつつあるんじゃない、終りつつあるんだよ」
という殊子の一言が印象的。

どんどん「日常」に馴染んでいく硝子とは対象的に今まで否定してきた「非日常」の方へ、自分でも気付かないうちに踏み込んでいってしまう晶。確かに硝子が「変化する」ことによって虚界渦が解放され、今回のような結果になったわけだから確かに“終りつつある”という表現は正しいんだなあと感じました。晶にとっては猛烈に皮肉な結末なのではないかと。

そして人知れず蜜たんハァハァ。
義手を巡っての硝子とのやりとりでの意外性たっぷりなドジっ子ぶりに思わず萌えた!!(*´д`)=3

今回の魅せ場はなんといっても晶の告白(訣別)と硝子の虚界渦開放だとおもいますが、どうしようもなくこの作品らしい告白の仕方で、確かに芹菜にとっては残酷なんだけど大好きです。
しかし本当にこの虚界渦の能力って残酷だよなあ…。

無限回廊の過去最大級の浸食によって、すっかり構図が「非日常」側に書き換えられてしまった感が拭えないですが、やはり気になるのは今後の良司&芹菜の動向でしょうか。良司についてはなんかどさくさに紛れて最終決戦の頃には自軍に居たりしそうだけど(笑)真実を知ってしまった芹菜がどちら側に動くかが個人的には楽しみです。

TOP > 2006年09月
2006/09/16

イリーガル・テクニカ 1 さまよえる賢者

オンライン書店ビーケーワン:イリーガル・テクニカ 1イリーガル・テクニカ 1


後藤 リウ〔著〕
角川書店(2004.10)

500人以上の人口密集を感知すると天から熾光(シアノライト)という破壊の光が降り注ぐという現象によって文明が壊滅した世界。
人々は500人以下の小さな集落を作り、そこで生活することを余儀なくされていた。
とある事情で帝国から逃亡し、廃墟に残された資材を売りさばく「索資者」をしながら
旅を続けているカイタとヴィンデは、ひょんな事から小国の危機を助けることに…。

文明の滅んだ世界で、文明を復活させようとする「帝国」に抗う人々の物語…
という骨組みから見ると割合オーソドックスな物語ですが、
500人以上の人口密集に反応して破壊が起きる、という設定がツボでした。
一つのところに500人以上集まってはいけないという事は
逆にまともに戦争しようとしたら相手勢力の人数を踏まえて
こちらの人数も検討しなきゃいけないということで、その辺の駆け引きが凄く面白い。
ロボットのデザインや表現もかっこよくて惚れ惚れします。

ヴィンデのキャラが非常に好きです。
カイタはどちらかというと表面的には戯言系の低体温主人公なのですが、
彼とは正反対で人がよく割合熱血漢なヴィンデとはお互いをフォローしあう
良いコンビになってます。
暗い過去を背負っているのにそれを気にもかけない豪快さに燃え。
スレイヤーズ!のガウリィを思い出す良いキャラですね。
また、二人を追い掛け回すオェインも良い味出してます。

まだまだ沢山の謎がありそうなので、続編が楽しみです〜。

TOP > 2006年09月
2006/09/12

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

オンライン書店ビーケーワン:クビシメロマンチストクビシメロマンチスト


西尾 維新著
講談社(2002.5)

大学のクラスメイトの葵井巫女子に誘われ、彼女の友人・江本智恵の誕生日会に参加することになったぼくこと「いーちゃん」。和やかな時間もつかの間、翌朝江本智恵は絞殺死体で発見される。ほんの少しの後悔から捜査を始めるが…
殺人鬼こと「人間失格」零崎人識といーちゃんの会話が非常にツボ。片方が「傑作だな」と笑い、もう片方が「戯言だな」と笑わない。本当に似たもの同士でありながら鏡のように対照的に描かれる姿が印象的でした。

しかし、なんかストーリー自体は面白いんですがどうにも主人公に感情移入できないっつーか…いやほんと面白いんだよ?面白いんだけど…

自分以外の登場人物が全員「天才」という前巻と違い、メインの登場人物がある意味あまりにも普通の学生達であるが故に、いーちゃんの異常性が引き立ってます。殺人犯を「普通」と表現するのもアレな気がしますが、今回のメインキャラクターとなる3人は色々な意味で今まで登場した戯言シリーズのキャラクターから見ると凄く普通だし、犯人が犯行に至った動機も割合容易に理解できる。正直主人公サイドの考えの方が読めません。各事件の犯人は容易に想像がつくんだけど、主人公の行動は最後の最後まで全く理解が出来ませんでした(なんとなく、確かに彼女をワザと追いつめているような印象は持ったんだけど…)

そしてとにもかくにも巫女子ちゃんが印象的。
あんなことにはなってしまうけど、物凄く魅力的な女の子だと思いました。
ラストの台詞が印象的でした。嫉妬はあまりよろしくないけど、誰かに何の見返りもなしに無償の愛情を注げる女の子って凄く素敵だな。

TOP > 2006年09月
2006/09/09

熱血感想ライトノベラー!

ネタ元:ライトノベル系トラックバック企画『熱血感想ライトノベラー』

熱血ということばに激しく惹かれました(´д`*)

最近読んだ小説を熱く語れ!という主旨の企画のようですが
全然最近じゃなく読んだ小説について熱く語ります。

それで、完結編まだー?


オンライン書店ビーケーワン:ダブルブリッドダブルブリッド


中村 恵里加〔著〕
メディアワークス(2000.2)

■ 出会いのきっかけは?

 書店に並んでるのを見て衝動買い。
 確かジャケ買いだった記憶があります。
 それまでも確かにある程度ライト系の小説は読んでいたのですが
 電撃文庫系は一切手付かずだったのですよね。
 この小説以降、物凄い勢いで電撃文庫の新刊を漁ることに…

■ 好きなキャラは?
 
 優樹さんが好きです。
 でも太一朗君はもっと好きです。
 でも密かに虎司と安藤さんも好きです。

■ 好きなシーンは?

1巻ラスト、優樹の「君と私が今まで培ってきた友情は、今から死ぬ」というシーン。
「友情が死ぬ」というフレーズが衝撃的で印象に残っています。
また、優樹の真の姿を見て悲鳴を上げる太一朗の姿にも衝撃を受けました。

2巻冒頭、優樹と太一朗が酒を飲みに行って酔いつぶれて優樹におぶわれて帰って来るシーン。
このシリーズで数少ない平和な1シーン。妙に印象に残ってます。

8巻ラスト、虎司と安藤の会話。
死の淵に立たされているはずなのに、妙にピントハズレな二人の会話が好き。
この二人には是非幸せになってほしいです。

■ 他人に薦めるときのポイントは?

とりあえず4巻まで読め、話はそれからだ。
しかしグロ描写が苦手な人にはお奨めできない

■ セットで読むならどのラノベを薦めますか

・作者の文章をもっと楽しみたい人向け:ソウル・アンダーテイカー
  なんかこの人の文体が凄い好きなので。
  これもまた微妙に後がこじれそうな予感がして素敵。

・原田たけひと目当てで買った人向け:バイトでウィザード
  しかし、偶然にも後からじわじわと嫌な展開になるあたりとても似てる。
  特に段々登場人物が再起不能なレベルまで傷ついていく本編はとても鬱。

・いつのまにか仲間が…orz 派:「スレイヤーズ!」本編第二部
  最初の頃の破天荒っぷりはどうした!な一本。
  ラスト2冊のどん底ぶりは、まさに「これ本当にスレイヤーズ?」
  鬱展開どんとこーい!!な人に捧ぐ。
  ラスト2巻の展開は好きなんだけど、個人的には終り方微妙だったなあ…。
  でもダブルブリッドは円満終了して欲しいです…orz

・はいはいグロ描写グロ描写な人:インフィニティ・ゼロ
  ダブルブリッドと同じ方向のグロさを感じたのがこれ。
  話はKEY系だというのに すごく グロい です … 。
  「冬」のラストの描写は未だに読んでると吐き気を催します。でもそれがいい。

■最後に愛の告白をどうぞ

最終巻をいつまでも待ってます…(つд`;)
円満終了を目指してがんばってるという噂を聞いたので期待!!


とりあえずラノベ道に落とされた一番の原因がこの作品なので
熱く語ってみました。
キャッチコピーと動物は思いつかないので削りました…
動物…蛇とか、ナメクジとか、そっち系…?

でもこの感想の書き方、面白かったので余裕があればまたやってみたい。
出来れば今度はフルメタか終わクロあたりで…(笑)

TOP > 2006年09月
2006/09/07

月魚

オンライン書店ビーケーワン:月魚月魚


三浦 しをん著
角川書店(2001.5)

で結局、瀬名垣と真志喜はデキてるの?

というわけで、どこかのラノベ系ブログでこの記事とめぐり合い、とりあえず古本屋で購入してきました。
BL好きで一部有名(らしい)三浦しをんさんの小説。

古本屋を営む真志喜と古本の卸しをやっている瀬名垣の、二人の友情?物語で、古本に関する二人のこだわりや小さい頃に犯してしまった過去に対する清算など、普通に面白い内容となっています。特に後半の勝負のシーンでは、登場人物達の古本にかける情熱が伝わってきて、凄く良い。

ただ、真志喜が露骨に、腐女子が描くBL小説の受っぽいのが、どうにもこうにも気になります。
この露骨度は先月散々ツッコミを入れた「HYDRA」の比ではありません。艶やかとか嫣然ととか、明らかに男性には普通使わないであろう修飾語の目白押しで語られる真志喜たん。

さすがBL小説布教の第一人者、三浦先生…判っていらっしゃる。
男のツンデレは萌えますよね!!!(聞いてない)

実際男性の方がこの小説を読んでどう感じるのかは定かではありませんが(しかし「ちょwwこんな男現実にいないからww」みたいな感想になりそうな予感)、なんというか読んでいると同類のかほりがプンプンします。腐女子って隠しててもオーラでてるよねー、みたいな。

…とまあ腐女子視点から語らせていただきましたが内容は普通に面白いし、確かにこの微妙な関係は男女では表現できない関係だと思います。読んだこと無いけど、「マリア様が見てる」が百合小説ではないのと多分同じようなものかと。"本人達意外には妖しく見える、でもきわめて健全で親密な人間関係"とでも言うのでしょうか。まあぶっちゃけ後ろの短編は露骨にそっちのケがあるキャラクターが登場しますが!!

個人的にやおい一歩手前の男の友情小説は大好物なので美味しく戴かせていただきました。次は是非直木賞受賞作の方にチャレンジしてみたいと思います!




「昨夜はよくお休みになれました?部屋が寒かったかしらと気になってたんです」
「いえ、熱いぐらいでしたよ」

瀬名垣は湯気を顎に当てつつ、澄まして答えた。炬燵の中で、真志喜の強烈な蹴りがスネに入った。




(  д)       ゜゜

ヨ、ヨモヤヤハリ…

TOP > 2006年09月
2006/09/06

“文学少女”と飢え渇く幽霊

オンライン書店ビーケーワン:“文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)“文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)


野村 美月著
エンターブレイン(2006.9)

文芸部のポストに投函されていた謎の手紙。
犯人を捕まえる為、夜の学校に張りこんだ二人は自分のことを「幽霊」だと名乗る謎の少女と遭遇する。
相変わらず遠子先輩やななみのキャラクターと、遠子先輩の文学的薀蓄が冴え渡るシリーズ第二段。薀蓄を垂れるあたりはMissingの空目を髣髴させますが、遠子先輩の文学の薀蓄は表現が文学的で、凄く良い。

っていうか遠子先輩の表現が上手すぎで、このシリーズ読んでるとお腹空いて来るのは私だけですか。
このシリーズ、決して夕食前に読んではいけない(笑)

本当にこの遠子先輩の表現力にあやかりたい所です。こういうブログを書いてると特に。ああいう表現がスラスラ出てくる遠子先輩、憧れる。あやかりたい…!!
そして例によって例の如く「嵐が丘」を読みたくなりました。

ストーリーは、もう各所で言われている所だけど本当に終盤がすばらしい。
雨宮蛍と黒崎の決して結ばれない片想いの結末。
二人を見守り続けた少女の、誰にも聞かれることの無い独白。
そして文芸部に投函された手紙の真の意味…。
きっと「彼女」にとっては最善であっただろうけど、涙無しには語れない、物悲しい物語でした。

とりあえず、続編が物凄い楽しみです。

TOP > 2006年09月
2006/09/05

終わる世界、終わらない夏休み 芹沢和也の終末

オンライン書店ビーケーワン:終わる世界、終わらない夏休み終わる世界、終わらない夏休み

発売:2006.9
発行:エンターブレイン
あきさか あさひ著

posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 5
世界が終るといわれている日の4日前。生徒も先生も来なくなった教室に、いつもと変わらず登校した主人公は同じように登校していたクラスメイトの亜美に「世界の終末を食い止めよう」と持ちかけられる。二人で捜査をしていくうちに二人はこの世界が4日の間でループしていることに気付くのだが…

というわけでループものです。

世界最期の4日間を繰り返すうちに世界滅亡の原因が明かされていき、最初はどちらも本当に世界を終末から救おうなんて真面目には考えていなかったんだけど、世界を救う為に色々と策を尽くしてみたり、また主人公やその友人達の間に起こる危機を回避しようとしたりと奮闘するうちにどこか後ろ向きな主人公の考えが変わっていくというところがなんか好き。

ループもの自体がそれっぽいというのもあるけど、なんとなく全体的にビジュアルノベル系のアドベンチャーゲームをプレイしているような印象で、元々そういうのが好きな私はすぐにストーリーに引き込まれました。「歌月十夜」とか大好きなので(結局それか)。この小説が影響を受けたらしいゲームも、どこかで見かけたら是非プレイしてみたいです。

あと、何よりもヒロインの亜美が凄い可愛い。
元々こういうタイプのキャラは大好きなのですが、破天荒で突飛な行動や情に厚い性格など、全てがツボ。ループ3回目最終日近辺の二人の行動には胸を打たれるものがありました。

物凄い気になるところで終られてしまったので、次巻発売が楽しみです。

TOP > 2006年09月
2006/09/05

アストロ!乙女塾! 星のプリンキピア 下

オンライン書店ビーケーワン:星のプリンキピア 下星のプリンキピア 下

発売:2006.8
発行:集英社
本田 透〔著〕

posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 5
普通にめちゃくちゃ熱かった。

しかも

ラストは何気に泣かせ展開…(つд;)

1・2巻までの某エロゲ系ラブコメっぷりはどこへやら。
普通に熱いバトルで、普通に熱い姉妹愛で、ついでに普通に歴史ネタSF。
円・晶・茜の3姉妹の姉妹愛には本気で感動しました。
しかし、一応ホノカも加えてあげて…!なんか正直この作品で一番報われてないのは茜じゃなくてホノカなんじゃないかと思う。本人はあんなに3人を意識してるのに、3姉妹からは妹だってことすら忘れ去られている予感が…良いキャラなので是非最後は美味しい所を持っていってほしいのですが。

1巻では本当にただのひきこもりでアキバ系の変態駄目人間だったヒカルが一人の「男」として立派に成長し、自分が変わるきっかけを作ってくれた人達のために命をかけて闘おうとする姿は本当にかっこよかった。逆に、自分が変わったことを自覚している分以前のダメダメだったヒカルに戻ってしまうかもしれない、という恐怖は相当のものだったのではないかと思います。

でもほんと、漢になったんだね…感動したよヒカル…
外見は女だけど(笑)

個人的にはいかにも意味ありげに出てきた伊達鏡子先輩の動向がきになるところ。あと次回は是非ホノカに光を!!もっとあの子活躍させてやって下さい!!

というわけで、全体的にすっごい私好みの展開ではありましたが2巻までのあのお馬鹿ノリを思い出すと素直に喜べないのはどうしてか…ちょっとあのノリが、また見たい気がしなくもなく…。

TOP > 2006年09月
2006/09/05

涼宮ハルヒの憤慨

オンライン書店ビーケーワン:涼宮ハルヒの憤慨涼宮ハルヒの憤慨

発売:2006.5
発行:角川書店
谷川 流〔著〕

posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 5
今回は短編集です。
春休みのエピソードが中心となりましたが、次巻は2年生編突入なのでしょうか?

「編集長★一直線!」
新生徒会長にたきつけられて、SOS団が文芸部の活動として部誌を製作する話。
全体的には「涼宮ハルヒの溜息」を思い出させますが、短編(中編?)になっている所為か「溜息」の時のようなだるだる感がなくて普通に楽しかったです。
ちなみに生徒会長は例によって古泉プロデュースの出来レース(ネタバレ)なのですが、あのワザらしい生徒会長キャラは林水先輩悪役バージョンという感じで素敵です。

みくる、長門、キョンの3人の書いた文章が凄くらしくてツボ。
鶴屋さんやハルヒ、古泉の書いた小説も読んでみたかったなあ。
特に長門の短編がツボ。てっきりいつもの解説の時のノリで淡々と小難しいSFを書くのかと思ってましたが(笑)

しかし、ハルヒも長門も変わったけど、一番変化したのはキョンなんじゃないかな。序盤はひたすらイヤイヤ動いてたっぽいキョンの、ラストの4行には思わずジーンとしました。

「ワンダリング・シャドウ」
同級生に持ちかけられた依頼で、犬がどうしても近寄らないという謎のポイントを調査することになったSOS団一行の話。「編集長〜」と比べるとどうにもパンチが弱く、良い意味でも悪い意味でもいつも通りのハルヒな内容。

でも今回は長門の「禁則事項」発言で何もかもどうでもよく…。
ちょ、長門、マジ可愛いよ!!


長門の可愛さもさることながら、SOS団を通して少しずつ周囲に打ち解けていくハルヒと、その姿を以前よりも暖かい気持ちで見守っているキョンの姿が非常に良いです。今回の「禁則事項」な長門といい、各キャラクターの変化が凄く自然でしかもどんどん良い感じになっていくのが非常にツボ。

昨今のハルヒ人気に便乗してまとめて読んでみたシリーズだったのですが、今は次巻以降が純粋に楽しみです。

TOP > 2006年09月
2006/09/04

レゾナンス 1 夕色の墜落

オンライン書店ビーケーワン:レゾナンス 1レゾナンス 1

発売:2006.9
発行:角川書店
山原 ユキ〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 4
MPという精神寄生体に寄生されてしまった少年少女達の話。

『MP』という単語を終盤まで何の説明もなしに使われて、なんとなく単語の意味はわかるんだけどここまで隠すという事は裏の意味でもあるのかと思い、物凄いそれを気にしながら読んでたら結局何も無かった。がくり。正直この単語を最初の方で解説してしまっても何の支障もなかった気がするのですが。なんか気になって序盤は殆どストーリーに集中できなかったよう。

序盤物凄い後ろ向きな主人公のモノローグにうんざりしたりもしましたが、その気持ちがヒロイン?の少女との出会いや高校での生活によって少しずつ変化していくところは面白かった。あと蓉子さんがいい具合に醜悪で良いです。人によって感じ方の変わってくるキャラだと思いますが、「バイトでウィザード」の家長的な厭らしさを感じます。読み終わったときは蓉子と主人公の関係に正直嫌悪感しか抱かなかったんだけど、時間が経ってから考えてみるとある意味ここまで醜い関係をしっかり書けるのもすごいなあと。心からの依存ではない依存関係というか、なんか兎に角お互い信頼しあっていないのに依存してる関係というのか…。

しかし、後半のベッドシーンはいらなかったと思うんだけどなあ。
若者特有の短絡的な部分を描きたかったのかもしれないけど、唐突過ぎてポカーンとした。

なんというか、総評するとつまらなくは無いのですが肌に合わない話でした。
中盤の学園生活部分が良かっただけに、後半は登場人物に醜悪さばかり感じてしまって。
好き嫌いが分かれそうなストーリーだとおもいます。

TOP > 2006年09月
2006/09/04

ヴァンパイヤー戦争1 吸血神ヴァーオゥの復活

オンライン書店ビーケーワン:ヴァンパイヤー戦争(ウォーズ) 1ヴァンパイヤー戦争(ウォーズ) 1

発売:2004.6
発行:講談社
笠井 潔〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 4
ぶっちゃけ表紙につられた。
TYPE-MOON信者ですいません、月姫厨ですいません。

というわけで、タイトルの通り現代に蘇ったヴァンパイヤーを巡り壮絶な闘いが繰り広げられる…という話。
セクシャル&バイオレンスでハードボイルドな小説です。
表紙がエロゲンガーだから…とつられて買うと痛い目を見るかと。
エロゲといってもTYPE-MOONだからある意味合ってる気がしないでもないけど。
基本的に小難しいし、確かにベッドシーンは多いですが萌えとかはありません。
むしろあるのはどちらかというと「燃え」かな。

女として主人公の手の早さにはあまり移入できませんが、
性交渉を持った女性を「戦友」と呼び、彼女達の無念を晴らすために命がけで行動する姿には一種の清々しさすら覚えました。

今まであまり読んだ事の無い方向性の小説でしたが、凄く面白かったです。
続編も少しずつ読んでいこうと思います。