移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


TOP > 2006年10月
2006/10/24

ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編

オンライン書店ビーケーワン:ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編


日日日著
徳間書店(2006.10)

1人の科学者によりロボットが自我を持ち、その所為で人間とロボットが戦争をしている世界。ロボット達のリーダー的存在<チェシャ・キャット>を暗殺する為に送り込まれた15歳の少年兵士であるところの「僕」だったが、乗ってきた飛行機が撃墜されてしまう。ロボット達が感情を持つ為に作られた学園に忍び込んだ「僕」は、両腕の代わりに奇怪な武器を取り付け最強の処刑人と呼ばれる少女・中村奈々子と出会うが…

世間を騒がす日日日ですが、イマイチ読んで見たいなあ…という作品がなくてなかったことにしてました。しかも刊行ペース速いし。というわけで初日日日に挑戦。

この本を手に取った最大の理由は「表紙に斗貴子さんがいる!」だったのですが、レビューを見たら予想以上にいろんな人が同じ事を考えていたようでほっとしました(笑)

表紙やあらすじを見た限りシリアスなバトルものなのかとおもったのですが、予想以上にラブコメ。しかもコメの部分に比重かかったラブコメ。事態に翻弄されまくりの主人公の一人称でストーリーが進行するのでどこかシリアスにかけ、テンション高いままあっというまにクライマックスまで読み進んでしまいました。そして前半のどこか緊張感に欠けるノリが偉くテンション高かったので、クライマックスのシリアス展開にグっとくるものがありました。特にラストの彼女が…ある程度先が読めてしまったとはいえ予想以上に残酷で、ほろりとさせられてしまいました。

冷酷な殺人マシンと思わせておいてその実は照れ屋で引っ込み思案な奈々子、口が悪くて悟り気味な幼女・赤ずきん、天真爛漫なロボット少女・千紗…などと、キャラクターが個性的で凄く良かったです。個人的には赤ずきんの外見に似合わずめちゃくちゃ漢らしいキャラクターに惚れました。幼女なのにまるで極道キャラのような…仁義とか根性とか正義とかって言葉がバッチリきそうなキャラです。

続編があるようなので、そちらも楽しみにしたいと思います。

TOP > 2006年10月
2006/10/24

彩雲国物語 朱にまじわれば紅

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語彩雲国物語


雪乃 紗衣〔著〕
角川書店(2005.5)

暇を持て余していた絳攸と楸瑛は書庫に現れるというオバケ退治をしようと画策するが…?!秀麗が後宮にあがる少し前に起こった事件と国試に纏わる短編の全3編+αを収録。

なんていうか、紅一家大爆発の回ですね(笑)初登場の秀麗のお母さんの漢らしさにニヤニヤしつつ、静蘭&邵可コンビの秀麗バカぶりに噴出しつつ、劉輝&秀麗の切ない恋に少し切なくなり…と盛りだくさんの短編でした。

何より、黎深オジサマのヘタレっぷりが最高!!
お兄さんの邵可に手玉に取られるのはとにかく、絳攸にまで手綱を握られてしまっているような気がしますね、この人。本来冷酷なキレモノのはずなのに、自分の大事な人間達にはめっぽう弱い黎深オジサマにメロメロです。もっと頑張れオジサマ!!(笑)

そして静蘭は元太子という肩書きはどこへやら、今回はすっかり生活観溢れるところをみせつけてくれました。どうしよう、市の安売り情報に敏感な元太子さまとか、超惚れるんですが。秀麗と邵可の前以外での本性丸出し静蘭に萌え。しかし今回は邵可様まで本性出しちゃってましたね…!!

一方、短編とはいえ今後の展開に大きく関わってきそうなストーリーも多く、その辺は見逃せません。秀麗のお母さんにも何かありそうですし、何よりも秀麗が恋愛恐怖症?になったきっかけにも何か深い理由がありそう。あと黄奇人の本音は一体どのへんに!?(待て)今後が益々楽しみになってしまいました…!

しかし、このシリーズ、キャラクター名が1発変換できなくて苦労します…特に邵可とか絳攸とか、どうやって出せというんだ…毎回感想サイトから該当のキャラクター名探し出してコピペです(…)

TOP > 2006年10月
2006/10/20

殺×愛(きるらぶ) 5

オンライン書店ビーケーワン:殺×愛(きるらぶ) 5殺×愛(きるらぶ) 5


風見 周著
富士見書房(2006.10)

幼馴染の来夏の告白で、サクヤへの気持ちに気づいた密。しかし、それを認めるわけにはいかない密はサクヤをわざと突き放し、傷つけることで二人の関係を壊し、元のような冷たい関係に戻そうとする。しかし、その行為に深く傷ついたサクヤは“対天使兵器”としての力を失ってしまい…

前回の能天気な雰囲気が冗談だったように鬱々とした展開。
サクヤどの関係がどうしようもなく壊れてしまい、幼馴染の来夏と2週間のバカンスに出かけている間に、今度は密とサクヤが必死に護ってきた街に天使の総攻撃が…という、最大級にどん底な話。どこを読んでも救いがありません本当にありがとうございました。

ストーリーも佳境に入り、密が今まであれだけ必死に護ろうとしてきた暖かい場所があっけなく壊れていく部分は本当に切なかった。冒頭からそういうふうになるという予測は立っていたのですが、いざ壊れてしまうと…。そして今回も高天原先輩は最初から最後までいい味出しすぎです。しかしなぜラノベ界の生徒会長はこう天才なのに頭のネジが一本略。

そして、今回の最大の見せ場キャラは挿絵のGむにょさん愛するあのキャラだと思うわけですよ。正直今までモロにお色気担当な彼女の事はあまり良い感情をもってなかったんですが今回の彼女はひたすら可愛かったです。作者とイラストレーターの愛情が溢れだす様子が見えるようでした。

↓(以下盛大にネタバレ)
というわけでにゃみちゃんカムバーーーークッッッ!!!

TOP > 2006年10月
2006/10/19

塩の街 Wish on my precious

オンライン書店ビーケーワン:塩の街塩の街


有川 浩〔著〕
メディアワークス(2004.2)

突然降って来た隕石により、人々が次々に塩の柱と化し、塩で埋め尽くされる“塩害”に見舞われた世界。社会機能が凍結した世界で偶然であった秋庭と真奈。隕石が落ちた場所に程近い街で静かに暮す二人の前を、様々な人々が通り過ぎていく…

今「空の中」「図書館戦争」ですっかり有名になってしまった有川浩さんのデビュー作。

次はいつ自分が死ぬか判らない、世界の終末といっても過言ではない極限状況でも生きようとする人々を描いたストーリー。塩害に立ち向かう人々を描くのではなく、そこで懸命に生きようとする人々の姿をどこか冷静な主人公二人を軸にして描いたストーリーは、良くも悪くも新井さんの「ひとめあなたに…」を思い起こしてしまいました。どちらも終末ものだけど、凄くしっかりとラブストーリーなのです。

一つだけ気になったのが、デビュー作で完結作品だから仕方がないとはいえ最後の締め方は少々展開が強引というか…それまでの淡々としたゆっくりした時間の流れを感じるストーリーとはまるでベツモノに感じた点。あれよあれよという間に燃え展開になっていてびっくりした(笑)クライマックスでは必然的に二人が「世界を救う」という展開になりますが、個人的には序盤のような滅び行く世界で生きる人々の姿を最後まで描いてくれてもよかったんじゃないかなとか思ったり。

入江が真奈を前にして言った台詞がこの物語の真髄を改めて現しているようで、凄く印象的でした。一言で言えば、世界を巻き込むラブストーリー…ではなく、ラブストーリーに世界を救うという事実が便乗しているというか。こういう話はかなり好きなので今更ですが有川さんの本をもっと色々読んでみたい所です。

TOP > 2006年10月
2006/10/19

彩雲国物語 漆黒の月の宴

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語彩雲国物語


雪乃 紗衣〔著〕
角川書店(2005.3)

指定された期間内に州都に入らないと官吏としての資格を奪われてしまう秀麗と影月だが、茶氏の妨害工作は激しさを増していく。茶朔洵の誘いに乗り、敢えて火中に飛び込む秀麗。
また、茶家の中では茶家当主の跡目を巡る争いが激化しつつあった。

春姫・英姫の女傑コンビが最高。特に春姫はどちらかというと香鈴みたいな深窓の令嬢的なキャラクターかと思っていたのですが、明らかにお祖母様の血を受け継いじゃってますね。特にラストの発言が最高です。結婚した暁には克洵が尻に敷かれる姿が目に浮かぶようだ。

最後に向けて事態がどんどん動いていって、それが一気に解決する爽快感はいつも通りなんだけど、今回は朔洵の動きがどうしても微妙だった気がします。どうせならドーンと静蘭に戦いを挑んで、華々しく散るくらいの動きが欲しかった。前回で凄く巨大な敵として描写されていたわりにはラストがあっけなさすぎで尻すぼみな印象。

朔洵の心象の変化などは確かによかったし、泣けたんですけどね。ただもう少しラスト以外でその心の動きがわかるような描写が欲しかったというか…あと前半で半分くらい事件が解決に向かいかけている所為か、今までより全体的に読み終わってもスッキリ感がないような…あれはもう朔洵のキャラクター的に仕方のないことなのかもしれませんが。

何はともあれ晴れて茶州州牧となった秀麗達の動向が今後も楽しみです。

TOP > 2006年10月
2006/10/18

彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ 彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ


雪乃 紗衣〔著〕
角川書店(2004.10)

新しい茶州州牧として任ぜられ、茶州へと向かう秀麗と影月達。しかし秀麗のような新州牧の存在を良く思わない茶氏の追っ手が彼女達を襲う。秀麗は仲間と離され、たった一人で旅を続ける羽目になるが…!?
静蘭と燕青の過去話に萌え死にそう。

穏やかキャラの血なまぐさい過去話は萌える。
しかも忘れたはずの過去が再び目の前に立ちふさがる…とか、そういう展開大好きですええ。予想以上に血なまぐさい静蘭の過去に乾杯。

っていうか何されたの静蘭!!(*`д´)=3

明らかに腐女子に妄想しろと言わぬばかりの静蘭の態度は何事ですか?ベーコンレタスなんですか!?なんか物凄い勢いで私の中の静蘭萌え度数が上がっていきますよ!?きっと世間では燕青との三角関係が主流だな!?とか強引に考えてみる。

はてさて今回は茶州編の前編ということで、今までのようにスッキリ終わって気分爽快といかなかったのが残念です。しかし2巻で密かに期待したとおりの変人ぶりを見せ付けてくれた龍連や新キャラのたらしッ子・千夜様が加わり秀麗の周りの男性模様はますます混乱の一途を辿るばかり。今まで色恋沙汰とはあまり縁のなかった秀麗にも色恋沙汰が舞い込み、その挙句今まで余裕ぶっこいてた静蘭まで本気になる様相をみせ…

…こう、ここまでキャラ増えると、あれだよね。
ゲーム化すればいいよ。勿論ルビーパーティ制作で。


そろそろマジメに感想言うと影月&香鈴の低年齢カップルが非常にいじらしいです。特に香鈴が秀麗の身代わりになるシーンはシビレました。また、逆境においてもめげずにすばやく最善の策を導き出す秀麗がかっこよかったですね。

ところで、「隠れヲタク的日々日常」さんの記事によりますと千夜様はあの子安武人氏だそうですが、今後彩雲国を読むとき、千夜様の部分はアンジェのオリヴィエ様声で読めばいいですか?

それとも某レザード・ヴァ○ス氏的ナルシス変態ヴォイスで読めばいいですか?

TOP > 2006年10月
2006/10/16

彩雲国物語 花は紫宮に咲く

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語 花は紫宮に咲く彩雲国物語 花は紫宮に咲く


雪乃 紗衣〔著〕
角川書店(2004.8)

憧れの国試に見事三位の成績で合格し、初の女性官吏となった秀麗。しかし官吏となった彼女を待っていたのは今まで仲良くしてくれていた人々たちのよそよそしい態度や、“新人研修”という名の過酷な苛めの日々…!それでも挫ける事無く、必死に頑張る秀麗だがその裏では彼女を貶めようとする人々の陰謀が渦巻いていた。

吏部で下働きしたい。
なんだあの男のツンデレパラダイスは…!!萌えるじゃないか…!!

…という本音はさておきまして(本音かよ)、今回も新しく登場したキャラクターが非常に良いです。遂に揃い踏みしちゃった「怒らせたら怖い」紅家3兄弟最後の1人、ツンデレナマイキ弟の紅玖狼様。そして官吏試験トップで二重人格持ちな天然系ショタッ子・影月君、官吏試験4位で進士達が誇る自信屋でオレサマなツンデレ少年・碧珀明君…ってなんだ今回は美少年天国ですか!?二重人格とツンデレショタが大好きな私に萌え死ねとおっしゃるのですね雪乃先生!?

ストーリーはこれまで以上に過酷に、今までのような高官の方々の支援も無く自分だけの力で至難に立ち向かっていかなくてはいけない秀麗(…といっても、なんだかんだいって皆がヘルプに入ってるんだけど)。前半がストレスの溜まる展開なだけに、後半でどんどん自体が逆転していく様は見ていて爽快でした。紅家の恐ろしい「圧力」に爆笑し、秀麗や影月が官吏になろうと思った理由の部分でもホロリとさせられ、胡蝶姐さんを始めとした街の皆の本音のセリフにジーンと来ます。ほんと、読んでてこんなに気分がスッキリするシリーズはなかなか無いのではないでしょうか。

なんだかんだいって個人的に一番好きなのは黄尚書の素顔の下りです。官吏たちの慌てっぷりに大爆笑。前回の下りで少しだけ明かされていたものの、彼の恐ろしさが半端じゃないという事が今回明かされてしまったというか…美形恐るべし。なんか本人はいたって大真面目なのにあの顔の所為ですっかりギャグキャラ化してません?(笑)次回は茶州行きということで中央の人々の出番は少なくなりそうですが、今後の活躍に期待!!

TOP > 2006年10月
2006/10/16

キノの旅X The beautiful world

オンライン書店ビーケーワン:キノの旅 10キノの旅 10


時雨沢 恵一〔著〕
メディアワークス(2006.10)

その国では毎朝“歌姫”と呼ばれる国民的人気歌手である少女の歌が放送されていた。珍しく彼女の歌を手放しに褒めるキノだったが、その国では“歌姫”を巡る一つの陰謀が持ち上がっていた。
長編「歌姫のいる国」と、その他の短編10編(?)を収録。そして今回の「あとがき」は…!

8巻収録の長編「船の国」以来、かなりマンネリ感が漂っていたというか、オタクウケ狙いまくりな部分が気になり敬遠しかけていた時雨沢作品(学園キノは素敵な具合に斜め45度上を行ってくれたので除外)ですが、今回は久しぶりに「キノ」らしい毒々しい感じが強くてよかったです。

特に「インタビューの国」「保護の国」では自分の国で平和に暮らしている人たちと、旅を続けていて現実的な視点で物を見ないといけないキノ達との考えの差異が露骨に出ていて、爆笑させてもらいました。表紙のキノたんも久しぶりにいい具合に中性的で自然なエロ可愛さ。これでこそ求めていた「キノ」だ!!(笑)

長編の「歌姫の国」はこれまでの長編と比べたら全然面白かったとは思うんですが、やはりキノの面白さは短編にありだとおもうので、こんなん入れるくらいならもう5編くらい短編収録してくれないかなあ…と思うのです。長編がつまらないわけでなく、短編には「キノ」でないと出せない味があると思うので。

そして基本的に他の作品の後書きは飛ばし読みなのにこの作品だけは「あとがき」を真っ先に探してしまう自分。今回もやらかしてくれました。ぶっちゃけ本編よりもあとがきに気合が入ってる気がするのは気のせいですか?(笑)

TOP > 2006年10月
2006/10/09

彩雲国物語 黄金の約束

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語 黄金の約束彩雲国物語 黄金の約束


雪乃 紗衣〔著〕
角川書店(2004.3)

街に戻り、再び父親や静蘭と3人で慎ましやかな生活を送っていた秀麗の元に、臨時の外朝での下働きの依頼が舞い込む。聞けば、今年の猛暑で殆どの文官が倒れてしまい、特に戸部の人手不足が申告らしい。男装して侍童の姿になり戸部の臨時下働きを始めた秀麗だが、上司である戸部尚書は大変な変人で…。

様々な“贈物”や策を弄して、秀麗の気を引こうとする劉輝が微笑ましすぎて可愛い。しかもそれが殆ど空回りしちゃってるのがまた…!同時に呆れつつもちゃんとその贈物を大事に取っておく秀麗の行動もなんだか可愛らしいです。

叶わぬ夢と知りながら、それでも官吏になる為の努力は怠らない秀麗の姿に胸を打たれます。ひょっとしたら…というか絶対にこの努力が無駄になると悟りながら、それでも努力するのは止められない。ある程度手近な目標があっても中々動き出せない自分には眩しく映ります。本当に秀麗のキャラクターは見ていて気持ちが前向きになりますね。

その秀麗の夢を叶えさせる為に、そして自分の身近な存在になって貰う為に国試の女人試験を実現しようと奮闘する劉輝。ただ寂しいから一緒にいたいと思うだけ気持ちと、ほのかに芽生えた男として一人の女性を愛する気持ちの間で自覚は無いけど本能的に悩んでいるような姿が印象的でした。今後その溝をどうやって埋めていくのかが気になります。

新キャラクターの黄尚書や燕青も今後の秀麗に深く関わっていきそうなので楽しみ。個人的には紅オジサマ(笑)が非常にお気に入りです。あとラストにちょっとだけ出てくる「あの人」…は今後どういう風にストーリーに関わっていくのでしょうか。続編が楽しみ。

TOP > 2006年10月
2006/10/09

とある魔術の禁書目録(インデックス) 11

オンライン書店ビーケーワン:とある魔術の禁書目録(インデックス) 11とある魔術の禁書目録(インデックス) 11


鎌池 和馬〔著〕
メディアワークス(2006.10)

大覇星祭で行われた抽選会で、なんと1等の「イタリア旅行」を引き当てた上条当麻。不幸な星の下に生まれ、生涯「1等」なんてものに縁のないと思っていた自分が、何故…!?何かあるんじゃないだろうかと思いつつもいそいそとイタリアの地に降り立つ当麻とインデックスだったが、やっぱりイタリアでも事件が待ち受けていた…!
イタリア=ローマ正教の本拠地、ということで絶対それ絡みで何かあるんだろうと思っていましたが、今回は以前は当麻達の“敵”として現れた彼女がヒロイン。ラストで思いっきり当麻がフラグを立てていたのでいつかこうなるかとは思っていたけど案外早かった(笑)

このシリーズ自体、展開の目新しさというよりも水戸黄門的な面白さを狙っているんだと信じて疑っていないのでラストでどうこうなるというのは殆ど心配していません(というか、それを安心して読めるのがこの小説の強みだと思ってる)が、このシリーズでは無敵の当麻の幻想殺しも通用しない謎の力を使う男・司教ビアージオとの対決で今回ばかりは心配しました。相変わらずローマ正教はエグいキャラが多いですね。どうでもいいけど前回の感想書いたとき、グーグルさんで“ローマ正教”で検索かけるとうちのブログが1位になるという恐ろしい状態が暫く続いて戦々恐々でした。真面目な理由で調べてた人とか、ほんとごめんね!

行き先といいガイドが来なかったことといいオルソラのことといい、イギリス清教あたりが仕組んで当麻達を今回の旅行に向かわせたように思えてなりませんが、そうだとしたら本当に当麻が哀れだなあ…。

とりあえず私としてはブチキレた当麻が「その幻想を打ち砕く」とか言ってくれればおおむね満足です。その青臭さが大好きなので。本当にありがとうございました(*´▽`)
しかし、正直インデックスが空気な時の方が話面白い気がするのはきのせい…ゲフンゲフン!!

ところでこのシリーズ、電撃大王と少年ガンガンで漫画連載開始とのことですが。私にまたあの日本一ぶ熱い同人漫画雑誌の読者になれと?
だ、誰が描くかにもよるけど…個人的には鈴木次郎とか希望だけど壮太君とひぐらしがあるから無理だよなあ_| ̄|○
しかし、ガンガン本誌はそこまで人材不足なのかと問い詰めたい。

TOP > 2006年10月
2006/10/07

彩雲国物語 はじまりの風は紅く

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語 はじまりの風は紅く彩雲国物語 はじまりの風は紅く


雪乃 紗衣〔著〕
角川書店(2003.11)

紅秀麗は彩雲国でもトップクラスの大貴族の血を引く正統なお姫様…でも家は超貧乏で色々なバイトをしながら必死に食いつなぐ日々。そこに、高額報酬とともにあるお仕事がマイコンで来る。それは男色で昏君(バカ殿)と名高い国王の根性をたたきなおすため、貴妃として高後宮に入るというお仕事だった…!?
複数の人から薦められたので読んでみました。ルビー文庫+由羅カイリということでもう「これ、なんてネオロマンス?」って思ってバカにしてた私を許してください(でも「なんてネオロマンス?」っていうのは案外間違ってない気も…

基本的には紅家に拾われ、優しくて何でも出来る完璧系の家人・清蘭やバカに見えるけど実は結構キレモノな国王・劉輝を始めとして美形キャラが勢ぞろい。ネオロマ風な逆ハーレム展開あり、ともすればBLっぽい展開もあり…なのですが、でもそれだけじゃないのです。

とにかく、庶民派で行動派な秀麗のキャラが良いです!こういうストーリーでお姫様というとなよなよとして男の人に護ってもらっちゃう女の子のイメージが強いのですが、実家の財政難にもバカ殿な劉輝にもめげずに力強く、逞しく生きる姿が見ていて心地良い。また、高額報酬に目がくらんだだけではない、彼女が後宮に入る事を決意した「理由」も壮絶でした。普通の深窓の令嬢では絶対に真似できない彼女の強さを見ていると、自分も前向きにならなければという気分にさせられます。読んでいて自然に前向きになれる一冊です。

また、子犬のように懐いてくるけど実は暗い過去持ちな劉輝もツボ。しかも弟属性。こういうキャラは非常に好み。というか「カーリー」の感想でも申しましたが実はキレモノなヘタレ王子って大好きです。ツボです。

ラストの爺3人衆の(下手するとBLに見える)友情にもドキっときました。これはなんとしてもシリーズ読破するしかないですね…!!(笑)

TOP > 2006年10月
2006/10/03

戦鬼−イクサオニ−

オンライン書店ビーケーワン:戦鬼−イクサオニ−戦鬼−イクサオニ−


川口 士著
富士見書房(2006.9)

鬼ヶ島で人間と共存しながら平和に暮らしていた鬼達は、突如として一人の人間に滅ぼされた。
そして人間に囚われた鬼の頭領の子・温羅は自分達を滅ぼした人間達への復讐に燃えながらも、父の御首を奪い返す為、そして鬼ヶ島を襲い、人間に反旗を翻した桃生を倒す為、神器の奪還に協力する事になるが…
ストーリー、キャラクター、展開等パーツを見れば物凄く面白いハズで、確かに一気読みできるだけの読ませる力もあるのだけれど、これだけの材料が揃っていて全く読み終わった後に「面白かった…!」という気分になれないのは何故だろう。

桃太郎のストーリーをアレンジした設定の和風ファンタジーで、桃太郎と日本神話を上手くミックスした敵キャラたちとの異能バトル、復讐に燃えていた温羅が同行する梓の優しさに触れて少しずつ元の優しい鬼の姿を取り戻していく展開等、燃えられるべき場所は多々あったはずなのに何も伝わってこない。兎に角ストーリーが淡々と進み、それを「読まされている」という感じが否めない。バトルシーンとかでも気がついたら敵が死んでました、って感じてしまう位のあっけなさ。

「つまらない」のではなく「合わない」んだなあ。なんというか、この小説の「美味しさ」というのは高級フランス料理のフルコース。凄く美味しいし色々な味で楽しませてくれるのですが味がお上品過ぎる、味付けも庶民派の私には薄味すぎる、そして1回に出てくる料理の量が少なすぎてイマイチ食べたりない…という感じ。

どちらかというと私はその辺の中華料理屋で気安く自分の食べたいものをどーんと食べたい派なので、結構厳しかったです。ついでにいうと濃い味派。っていうかラノベってある程度そういう所あるよね…?

要素要素は凄く面白かったし、その辺は結構色々な書評サイトさんで取り上げられているので今更言うまでもないでしょう。特に川揚のキャラは非常に良かったと思う。やはり「合わなかった」というのが本当のところみたいです。

TOP > 2006年10月
2006/10/02

カーリー 二十一発の祝砲とプリンセスの休日

オンライン書店ビーケーワン:カーリーカーリー


高殿 円著
エンターブレイン(2006.10)

突然、シャーロット達の通う女学校にインドの中でも有数の力を持つ藩王国・バローダの王女パティがゾウにのって転校してきた。破天荒で我侭な彼女の行動に歯止めをかけられる人間はおらず、生徒達はただただ困惑するばかり。
カーリーをパティに取られ、更に気の合わないヴェロニカと相部屋にされてしまい面白くないシャーロットだが、偶然彼女の秘密を知る羽目になり…
苦手だった筈のヴェロニカやライバル(?)のパティをなんだかんだいってほっておけず、頭を悩ませたり、奔走したりするシャーロットが非常に可愛いです。前回以上に寄宿舎がメインになっているので、前回気に入っていた学園パートが比例して増えていて凄く嬉しかった。

破天荒で派茶目茶で恋に生きるお姫様?なパティや、新キャラで結構クーデレのベリンダさんとか実は凄まじいツンデレだったヴェロニカたんとかキャラクターも最高です。特にヴェロニカ様がサリーをご所望するあたりはもうひたすらにやけ笑いが止まりませんでした。最高!!そしてベリンダ、ラストでいいところもってきすぎ…!

パティに纏わるお話は本当に色々な意味で良かったし、切なかった。
寄宿舎での振り回しっぷりも、彼女の真意と併せて読むと壮絶な覚悟を感じて凄く切なくなります。この後時代は大きく変わっていくわけですが、その中でパティも本来の彼女らしく、自由奔放に生きてくれていたらいいな、と心から願ってしまいました。

しかし華やかで面白おかしい学園生活の裏で、インドを…ひいては世界をも大きく震撼させる出来事が進行しているというのがまたこの刹那の学園生活に輝きを与えているように思えます。次巻が出るにしろでないにしろ、寄宿舎での話は今回で終了とのことで非常に残念。個人的にはなんとしてでも続編を刊行して頂きたいので、興味のある方は是非買いましょう。是非。






しかしもうね、今回出番が少なかったんですがそれ以上にカーリーが最高なんですよ!

「…………牛乳、小魚、卵かな」とかアヒルとの低レベルな確執とかシャーロットとのウキウキ★ヒンドゥー語レッスンとか見所満載すぎ。

どんどんシャーロットの前でのみヘタレ王子(誉め言葉)になってきてしまったカーリー最高。前巻での割合パーフェクト少女なカーリー、そしてキレモノなアムリーシュ殿下も最高でしたが個人的にはこっちの方が断然好みです。いいよヘタレ王子もっとやれ!!シャーロットが判らないのを言いことに自分の都合の良い事言わせて悦に浸ったり、判らないのを良い事にヒンドゥー語で愛を囁いてしまうヘタレなカーリーを全力で応援したく思います!!

しかし次回以降はあのパーフェクト美少女にみせかけて実はヘタレッ子なカーリーたんはもう拝めないのでしょうか。非常に残念です…もう少し見たかったなあ。パティのルームメイトに選ばれたあたりの下りを読んで、もうカーリーがメイド服でお仕えするんだと信じて疑わなかった(しかもそんなカーリーの挿絵が入ると信じていた)ダメ人間で本当にごめんなさい。

TOP > 2006年10月
2006/10/02

陰月のヤジリ

オンライン書店ビーケーワン:陰月のヤジリ陰月のヤジリ


時海 結以著
ホビージャパン(2006.9)

冷害によって滅び、今はサノカタとユツキという2人の兄弟しかいない村に2人の人間が流れ着く。流れ着いた女の左手にはサノカタに刻まれているのと同じ模様の刺青が刻まれていた。
彼女−サナという少女は語り継がれた伝承の生贄として、サノカタに殺される運命を持っていたのだが…

ラノベでは珍しい「大河モノ」で、前半はかなり面白かっただけにラストの尻すぼみも甚だしい展開にガッカリしてしまいました。4人のそれぞれの思惑を持った行動や伝承に対する考え方のズレ、それぞれの立場故に譲れない立ち位置…などはかなり絶妙だと思うし、難しい立場に居て友達を作ることも出来なかったサナが良く言えば無邪気で子供らしい(まあ悪く言えば単純馬鹿なんだけど)なユツキに少しずつ惹かれていくところはまあ判らなくもないんだけど、その割には全体的に4人の行動に一貫性がないというか、何をしたいか判らないというか…。

一番判らなかったのはラストのサノカタの急な態度の変化とサナの兄タヒジに関する“事故”。いえ、あの、明らかにユツキの喋った状況と現実が食い違ってる気がするんですが、その辺スルーですか…?

一見ラストはハッピーエンドっぽく見えるのですが、上の疑問に対するフォローが何もないまま終了してしまったので激しく消化不良。ここまでくるとサノカタの態度の変化も全て馬鹿のフリしてユツキが全て仕組んだんじゃないのとか思えてしまい、素直に二人の前途を祝福できませんでした。しかもタヒジは“村の間違った伝承を伝えた”と本文内でしっかり言っているにもかかわらず、正しい伝承を知っているはずのサナは間違った部分をユツキから聞かされてもスルーですし…こんな状態で一見イイ感じで終了されても困ります。読者置いてきぼり?真実は全て作者の胸の中?

何はともあれ「本当の真相」が知りたい。何この読後感の悪さ。