移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


DEATH NOTEアナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

オンライン書店ビーケーワン:DEATH NOTE ANOTHER NOTEDEATH NOTE ANOTHER NOTE

発売:2006.8
発行:集英社
大場 つぐみ原作 / 小畑 健原作 / 西尾 維新著

posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 3
凄く面白かった!!
…けど、なんか感想を書くとすぐにネタバレ領域になってしまいそうで、
感想書くのが難しい…。

メロの語りによって語られる、南空ナオミがLと共に解決した事件の話。
原作と全く違うメロの語り口が印象的です。原作のラストも踏まえて考えるとメロの粗雑な行動や喋り方ってわざと作られてたものなのかなー、と邪推してみたり。

そしてナオミかわいいよナオミ。ツンデレでドジっ子だなんてなんて事!!
しかし普通に「ツンデレ」とか「ドジっ子」なんて言葉が出てきてしまう辺り、
色々な方向で素敵過ぎる。

竜崎の奇想天外な行動に笑いつつ、「あ〜でも絶対こいつこんなキャラだよね」って思えちゃうところが凄い。映画版にしろ小説版にしろ、Lのイメージが全く崩れてない所に驚愕です。独特すぎてあの味をそのまま再現するのは難しいのではないかと心配していた部分なので、原作そのままのキャラクターを見るとホっとします。ラストの展開は、デスノートの原作を読み込んでいる人ほどどんでん返しに引っかかるんじゃないかなという感じで非常に良いです。

しかし、推理小説を読み慣れていない所為もありますが(元々何かを推理する能力が無いので、推理小説の類は苦手なジャンルなのです)ラストの謎解きが全くわからないまま終わってしまい、そこだけが消化不良かな、と感じました。ラストのトリックだけでいいから図解して欲しかった。とりあえず、「サムターン鍵」からしてまず脳内に全くイメージ出来ないんですよね…私には。
まあ別に密室トリックが理解できなくても話の大筋は理解できるのでいいんですが。

なんだかメロ的にはもう2話ほど語りたい事件があるっぽいので、是非そちらもノベライズして戴きたいです。なんだかんだいってもやはり面白かった!



■ DEATH NOTE ロサンゼルスBB連続殺人事件/西尾維新

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件西尾 維新 大場 つぐみ 小畑 健 集英社 2006-08-01by G-Tools 【ビヨンド・バースディが第三の殺人を行ったとき..


■ DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 著者:西尾 維新

≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:95点 採点内訳へ ≪梗概≫ <漫画、映画、そして小説へ。衝撃は増幅する。> 2002年7月から8月にかけて起きた「ロサンゼルスBB連続殺人事件..


■ 犯人を先に明かすってのは古畑人三郎パターンってことかな?実際にはちょい違うけど。

とりあえずやっと小説のデスノート、最後まで読み終えました。時間はかかりましたが、