移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

オンライン書店ビーケーワン:クビシメロマンチストクビシメロマンチスト


西尾 維新著
講談社(2002.5)

大学のクラスメイトの葵井巫女子に誘われ、彼女の友人・江本智恵の誕生日会に参加することになったぼくこと「いーちゃん」。和やかな時間もつかの間、翌朝江本智恵は絞殺死体で発見される。ほんの少しの後悔から捜査を始めるが…
殺人鬼こと「人間失格」零崎人識といーちゃんの会話が非常にツボ。片方が「傑作だな」と笑い、もう片方が「戯言だな」と笑わない。本当に似たもの同士でありながら鏡のように対照的に描かれる姿が印象的でした。

しかし、なんかストーリー自体は面白いんですがどうにも主人公に感情移入できないっつーか…いやほんと面白いんだよ?面白いんだけど…

自分以外の登場人物が全員「天才」という前巻と違い、メインの登場人物がある意味あまりにも普通の学生達であるが故に、いーちゃんの異常性が引き立ってます。殺人犯を「普通」と表現するのもアレな気がしますが、今回のメインキャラクターとなる3人は色々な意味で今まで登場した戯言シリーズのキャラクターから見ると凄く普通だし、犯人が犯行に至った動機も割合容易に理解できる。正直主人公サイドの考えの方が読めません。各事件の犯人は容易に想像がつくんだけど、主人公の行動は最後の最後まで全く理解が出来ませんでした(なんとなく、確かに彼女をワザと追いつめているような印象は持ったんだけど…)

そしてとにもかくにも巫女子ちゃんが印象的。
あんなことにはなってしまうけど、物凄く魅力的な女の子だと思いました。
ラストの台詞が印象的でした。嫉妬はあまりよろしくないけど、誰かに何の見返りもなしに無償の愛情を注げる女の子って凄く素敵だな。