移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


終わる世界、終わらない夏休み 桜井深優の終末

オンライン書店ビーケーワン:終わる世界、終わらない夏休み終わる世界、終わらない夏休み


あきさか あさひ著
エンターブレイン(2006.10)

世界の週末を予言された、最後の4日間の間でループし続ける世界。
和也が死に、亜美と別れた深優はそれから40回もの「終末」をある時は和也達と、ある時は一人で繰り返していた。全てに疲れた深優は次回のループの時には自らを「終末」に委ねようと決断する。ループの間に芽生えた和也への想いと共に…3人は世界を終末から救い、永遠の円環を断ち切ることが出来るのか?

うわあやばい泣いた。めちゃくちゃ泣いた。
前回でヒロイン格だった亜美ではなく、最後まで脇役に徹していた深優視点でのストーリーと聞いて期待半分・不安半分という感じだったのですが予想を遥かに越えて良かった。っていうか深優がかっこよすぎる…失恋した相手に笑ってあんな台詞吐ける娘なんて中々いないよ。

40回のループの間にすっかり悲観的になってしまった深優、元々世界が滅んでも構わないと思っていた和也、笑顔の仮面を被っていた亜美が少しずつ、でも確実に前向きに歩き出していく姿に感動。各キャラクターの心情の変化が凄く顕著で、その変化を感じられるのが嬉しい。それにつれて、3人の努力が実を結んでどんどん良い方向にもっていき、最初のループでは全く悲観的で動きようがなかった人々の心さえ少しずつ傾いていく姿が、読んでいる側としても凄く嬉しくて、特にあの「グラサン男」とのやりとりとラストのセントラルタワー屋上での演説シーンでは、涙が止まらなくなってしまいました。

とりあえず全力でオススメしときます!!
1巻でやめようかなーと思ってる人は今からでも是非!!



■ 終わる世界、終わらない夏休み

これ、なんてエロゲー? と突っ込みたくなる部分もありましたが、 なかなかきれいに、そして感動的に着地してくれたと思います。


■ 終わる世界、終わらない夏休み 桜井深優の終末 あきさかあさひ ファミ通文庫

主人公と言いますか語り部を1巻とは代えて、胸揉まれている眼鏡っ娘という印象であっ


■ ラストだけ見るとまさにエロゲ【終わる世界、終わらない夏休み 2】

[http://www.bk1.co.jp/product/2706287 終わる世界、終わらない夏休み 桜井深優の終末] 今更ですが、これ上下巻構成なんだな〜と。 てっきり3人いて一巻が主人..