移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


彩雲国物語 はじまりの風は紅く

オンライン書店ビーケーワン:彩雲国物語 はじまりの風は紅く彩雲国物語 はじまりの風は紅く


雪乃 紗衣〔著〕
角川書店(2003.11)

紅秀麗は彩雲国でもトップクラスの大貴族の血を引く正統なお姫様…でも家は超貧乏で色々なバイトをしながら必死に食いつなぐ日々。そこに、高額報酬とともにあるお仕事がマイコンで来る。それは男色で昏君(バカ殿)と名高い国王の根性をたたきなおすため、貴妃として高後宮に入るというお仕事だった…!?
複数の人から薦められたので読んでみました。ルビー文庫+由羅カイリということでもう「これ、なんてネオロマンス?」って思ってバカにしてた私を許してください(でも「なんてネオロマンス?」っていうのは案外間違ってない気も…

基本的には紅家に拾われ、優しくて何でも出来る完璧系の家人・清蘭やバカに見えるけど実は結構キレモノな国王・劉輝を始めとして美形キャラが勢ぞろい。ネオロマ風な逆ハーレム展開あり、ともすればBLっぽい展開もあり…なのですが、でもそれだけじゃないのです。

とにかく、庶民派で行動派な秀麗のキャラが良いです!こういうストーリーでお姫様というとなよなよとして男の人に護ってもらっちゃう女の子のイメージが強いのですが、実家の財政難にもバカ殿な劉輝にもめげずに力強く、逞しく生きる姿が見ていて心地良い。また、高額報酬に目がくらんだだけではない、彼女が後宮に入る事を決意した「理由」も壮絶でした。普通の深窓の令嬢では絶対に真似できない彼女の強さを見ていると、自分も前向きにならなければという気分にさせられます。読んでいて自然に前向きになれる一冊です。

また、子犬のように懐いてくるけど実は暗い過去持ちな劉輝もツボ。しかも弟属性。こういうキャラは非常に好み。というか「カーリー」の感想でも申しましたが実はキレモノなヘタレ王子って大好きです。ツボです。

ラストの爺3人衆の(下手するとBLに見える)友情にもドキっときました。これはなんとしてもシリーズ読破するしかないですね…!!(笑)