移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


奏(騒)楽都市OSAKA(下)

オンライン書店ビーケーワン:【ソウ】楽都市OSAKA 下【ソウ】楽都市OSAKA 下

発売:2002.4
発行:メディアワークス
川上 稔著
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.15
上巻からだいぶ間が開きましたが下巻の感想。

色々なところでも書かれているけど、物凄く文章のテンポがよくて今まで読んだ都市シリーズでは一番読みやすかったかも。また、舞台が日本というのもあって「終わりのクロニクル」知ってる人にはニヤリな単語(出雲社とか十拳とか…)もいくつか出てきたので、終わりのクロニクルからハマった人はとりあえず都市シリーズ入門でこれを読むと良いかも。

キャラクター的にはラストの結城・夕樹の激しいツンデレっぷりに萌え(笑)全く対照的な「想い」と「言葉」が同時に発言されてくるってシチュエーションは激しくツボでした。その言葉が徐々に一つになっていく所でノックアウト。

不満点を上げれば、妙子の名護屋弁が少々判りづらかったことくらいでしょうか。なんとなくその場のノリで適当に解釈しちゃってたけど中盤までわからなかった単語もしばしば。微妙なニュアンスが判らなくて戸惑う部分が少しありました。妙子というキャラクター自体は非常に好きだし、夕樹と和解する部分なんかは非常に燃えたのですが。

ところで、エロスとか増量らしい旧版の内容が激しく気になりますw