移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


カテゴリ内の記事一覧


TOP > レーベル別>講談社ノベルス
2006/09/12

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

オンライン書店ビーケーワン:クビシメロマンチストクビシメロマンチスト


西尾 維新著
講談社(2002.5)

大学のクラスメイトの葵井巫女子に誘われ、彼女の友人・江本智恵の誕生日会に参加することになったぼくこと「いーちゃん」。和やかな時間もつかの間、翌朝江本智恵は絞殺死体で発見される。ほんの少しの後悔から捜査を始めるが…
殺人鬼こと「人間失格」零崎人識といーちゃんの会話が非常にツボ。片方が「傑作だな」と笑い、もう片方が「戯言だな」と笑わない。本当に似たもの同士でありながら鏡のように対照的に描かれる姿が印象的でした。

しかし、なんかストーリー自体は面白いんですがどうにも主人公に感情移入できないっつーか…いやほんと面白いんだよ?面白いんだけど…

自分以外の登場人物が全員「天才」という前巻と違い、メインの登場人物がある意味あまりにも普通の学生達であるが故に、いーちゃんの異常性が引き立ってます。殺人犯を「普通」と表現するのもアレな気がしますが、今回のメインキャラクターとなる3人は色々な意味で今まで登場した戯言シリーズのキャラクターから見ると凄く普通だし、犯人が犯行に至った動機も割合容易に理解できる。正直主人公サイドの考えの方が読めません。各事件の犯人は容易に想像がつくんだけど、主人公の行動は最後の最後まで全く理解が出来ませんでした(なんとなく、確かに彼女をワザと追いつめているような印象は持ったんだけど…)

そしてとにもかくにも巫女子ちゃんが印象的。
あんなことにはなってしまうけど、物凄く魅力的な女の子だと思いました。
ラストの台詞が印象的でした。嫉妬はあまりよろしくないけど、誰かに何の見返りもなしに無償の愛情を注げる女の子って凄く素敵だな。

TOP > レーベル別>講談社ノベルス
2006/04/19

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

オンライン書店ビーケーワン:クビキリサイクルクビキリサイクル

発売:2002.2
発行:講談社
西尾 維新著
posted with 簡単リンクくん at 2006. 4.19
以前から読みたいと思いつつ、踏ん切りがつかなかったところを友人に貸してもらい、ようやく読むことが出来ました。
「ファウスト系」というとどうにも最初に読んだ奈須きのこの「空の境界」が性に合わなかったらしく、「回りくどく小難しく感情移入しづらい」というイメージがあったのですが確かに初めはくどくど気味で入り辛かったけど中盤からは一気に物語りに引き込まれました。ミステリーは基本的に殆ど読まないので新鮮というのもあったと思う。トリックがどうのとか自分で全く考えないで読んで行く性質なので、皆がどんなに簡単だというトリックでも殆どわからなくて新鮮に読めるんですよね(その分、トリックを自分で解く楽しみというのは殆ど経験したことが無いんだけども…)

お金持ちのお嬢様が“天才”と呼ばれるVIP達を絶海の孤島に集め、サロンのようなモノを作っていた所に殺人事件が起き、友人の付添いでやってきた主人公達も巻き込まれる、というのがおおまかな粗筋。島に集まっているのは天才の名前に相応しく変わり者ばかりで、それぞれのキャラクターの強烈な個性にクラクラしてしまう程。かなみさんあたりはある意味天才の歪んだイメージとしてはオーソドックス過ぎる気はしたけど…。

そして出番の殆どない“名探偵”こと哀川潤がまた素晴らしい個性の持ち主。本当に出番自体は少ないのに私の中に強烈な印象を焼き付けてしまいました。元々こういうキャラが好みだっていうのもあるけど。彼女の存在だけで一気に続刊を読みたくなったくらいです。赤音さんと潤さんが激しく好みです。

しかし、脇役が個性的すぎる所為なのか、主人公が悪目立ちしちゃってる気が…。主人公としては結構異質なタイプだとは思うんだけど、ちょっと諦観しすぎっていうか「戯言だよな」って言いすぎな気がしますよ!(「戯言シリーズ」っていうくらいだから言わなかったらタイトルに偽りありになっちゃうけどさ…そしてこういう主人公なのが戯言シリーズなんだろうから、しょうがないんだけどさ。)

とりあえず鬱主人公と呼ぶには感情の起伏がなさ過ぎるので(鬱になるのは自分の後ろ向きな感情を制御しきれない場合ですし)、このタイプをこのサイトでは勝手に低体温主人公と呼ぶことにしました。あと「殺愛」と「閉じられた世界 絶望系」の主人公も一緒に括るといいと思うよ。

さすがファウスト系の看板作品というだけのことはあり、面白かったです。
今回では明かされなかった主人公の過去とか、姫名さんの残した今後への伏線?っぽい発言もかなり気になるので続編も積読消化したら徐々に読んで行こうと思います。

TOP > レーベル別>講談社ノベルス
2006/03/27

空の境界(下)

オンライン書店ビーケーワン:空の境界 下空の境界 下

発売:2004.6
発行:講談社
奈須 きのこ著
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 2
上巻を読んでから半年以上が経過しているため、
内容を思い出すのが死ぬほど大変でした(汗)

各登場人物や敵の正体も少しずつ明らかになり、
最終話では式の記憶を失うきっかけになった事件の真相に近づいていきます。

男勝りだけど実はとっても女の子らしい式の姿がとても可愛いですv
最後の話が本当にラブラブで。
オチはロミオとジュリエットオチかー!?といささかあわてましたが。

おねーさん好きとしては燈子先生が好みです(聞いてないし)

久しぶりに小難しい本を読んだ気がします…。
電撃系のラノベ慣れした私にはいささかきつかったですが
読み応えがあって面白い作品だと思います。

TOP > レーベル別>講談社ノベルス
2005/03/07

空の境界(上)

オンライン書店ビーケーワン:空の境界 上空の境界 上

発売:2004.6
発行:講談社
奈須 きのこ著
posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.31
同人小説を文庫本化したもの(というかぶっちゃけ「月姫」でお馴染みのTYPE-MOONの作品なのですね)ということで
ラノベ完全読本に紹介されていて興味を持って買ったんですが
ミステリ系はあまり読まないので判りませんがが「ライトノベル」というには、ちょっと重い感じです。
登場人物の言ってることが一々哲学的で眠気を(蹴蹴蹴)

文章は凄く綺麗だし、ちゃんとした硬い本も読める方にはかなりオススメ。
二重人格だった少女・両儀式が2年間昏睡状態に陥り、
裏人格と引き換えに人の死が見える魔眼を手に入れると言うのが主な内容ですが
各キャラクターが引き立っていて結構好き。

キャラ萌え面で感想を言えば、主人公の幹也君のヘタレっぷりに終始萌え萌え。
そして全然興味無いふりを装い実は嫉妬メラメラな式ちゃんに萌え萌え。
イラストもあの「TYPE-MOON」とあってクォリティ高いです。
あの静かでミステリアスなイラストの雰囲気が作品とマッチしています。

個人的に不満だったのは、やっぱり「ラノベ」というには話が堅くて、
いまいちストーリーを先に読み進めようと言う力が弱いことですかね。
「Missing」の空目君の講釈が10倍くらいの長さになって突撃してくると思ってくだされば。
オムニバス形式なんですが、話が動いてる途中は夢中で読めるのに、最初の部分が堅すぎて減速してしまうのですよ。
それで、「あ〜まだ○○ページもある〜〜」という気分に陥ってしまうという。
ぶっちゃけこれ、「終わりのクロニクル」シリーズでもいえることです。
面白いのにもったいないと思う。

設定の作りこみ具合とかは凄くしっかりしてるし、細かくて、そういうのが好きな方にはオススメ。