移転のお知らせ

このブログは2006年11月14日を持ちまして移転いたしました。
以降は下記URLにて更新を続けていきます。
記事はサーバー契約が続く限りは保存しておく予定ですが、
新規トラックバックやコメントは受け付けておりません。

移転先:http://urara.tank.jp/


カテゴリ内の記事一覧


TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/11/11

天空のアルカミレス 3 アルカミレスキラー・ガール

オンライン書店ビーケーワン:天空のアルカミレス 3天空のアルカミレス 3


三上 延〔著〕
メディアワークス(2006.11)

“グランテリオン”最高幹部の一人、グロスマンは部下で数多のアルカミレスを打ち倒してきた少女・毬子を拓也達の元に差し向ける。アルカミレスに非戦闘派のテリオンだった母親を惨殺され、アルカミレスに深い憎悪を抱く彼女は拓也達の背後関係を調査するために、東堂学園に乗り込むが…

お互い葛藤しながらも、戦いを通して接近する拓也と日向子の二人の関係が非常に青臭くて見ていて楽しいのに対し、テリオスの力に目覚めつつある不安と、拓也が本当に迎えにきてくれるのか不安に今にも押しつぶされそうな礼菜の姿が印象的でした。そしてレディ・バレットマゾ疑惑浮じょ…いえ、なんでもないです。

しかしやはりメインの3人よりも脇役の方が印象的。友典と毬子のなんともいえない微妙な共振関係が凄く良かったです。ラストの展開は凄くベタだったけど、ベタだけに良かった。グロスマンはこういう状況で出てくるからには……な人なんだろうなと思っていたけど激しく予想とおりな感じでしたし。そしてアパタスが凄くいいキャラですね(´▽`*)

バトルモノなんだけど、バトルそのものよりも互いのキャラクター同士の複雑な関係や、心理描写が凄く面白いこのシリーズ。難を言うなら主人公の印象が微妙に薄いのと悲しいくらいに戦闘シーンが印象に残ってないことでは。その辺は今後後半戦となっていくので、これからに期待?「シャドウテイカー」の戦闘シーンは結構盛り上がって好きだったんですけど。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/10/19

塩の街 Wish on my precious

オンライン書店ビーケーワン:塩の街塩の街


有川 浩〔著〕
メディアワークス(2004.2)

突然降って来た隕石により、人々が次々に塩の柱と化し、塩で埋め尽くされる“塩害”に見舞われた世界。社会機能が凍結した世界で偶然であった秋庭と真奈。隕石が落ちた場所に程近い街で静かに暮す二人の前を、様々な人々が通り過ぎていく…

今「空の中」「図書館戦争」ですっかり有名になってしまった有川浩さんのデビュー作。

次はいつ自分が死ぬか判らない、世界の終末といっても過言ではない極限状況でも生きようとする人々を描いたストーリー。塩害に立ち向かう人々を描くのではなく、そこで懸命に生きようとする人々の姿をどこか冷静な主人公二人を軸にして描いたストーリーは、良くも悪くも新井さんの「ひとめあなたに…」を思い起こしてしまいました。どちらも終末ものだけど、凄くしっかりとラブストーリーなのです。

一つだけ気になったのが、デビュー作で完結作品だから仕方がないとはいえ最後の締め方は少々展開が強引というか…それまでの淡々としたゆっくりした時間の流れを感じるストーリーとはまるでベツモノに感じた点。あれよあれよという間に燃え展開になっていてびっくりした(笑)クライマックスでは必然的に二人が「世界を救う」という展開になりますが、個人的には序盤のような滅び行く世界で生きる人々の姿を最後まで描いてくれてもよかったんじゃないかなとか思ったり。

入江が真奈を前にして言った台詞がこの物語の真髄を改めて現しているようで、凄く印象的でした。一言で言えば、世界を巻き込むラブストーリー…ではなく、ラブストーリーに世界を救うという事実が便乗しているというか。こういう話はかなり好きなので今更ですが有川さんの本をもっと色々読んでみたい所です。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/10/16

キノの旅X The beautiful world

オンライン書店ビーケーワン:キノの旅 10キノの旅 10


時雨沢 恵一〔著〕
メディアワークス(2006.10)

その国では毎朝“歌姫”と呼ばれる国民的人気歌手である少女の歌が放送されていた。珍しく彼女の歌を手放しに褒めるキノだったが、その国では“歌姫”を巡る一つの陰謀が持ち上がっていた。
長編「歌姫のいる国」と、その他の短編10編(?)を収録。そして今回の「あとがき」は…!

8巻収録の長編「船の国」以来、かなりマンネリ感が漂っていたというか、オタクウケ狙いまくりな部分が気になり敬遠しかけていた時雨沢作品(学園キノは素敵な具合に斜め45度上を行ってくれたので除外)ですが、今回は久しぶりに「キノ」らしい毒々しい感じが強くてよかったです。

特に「インタビューの国」「保護の国」では自分の国で平和に暮らしている人たちと、旅を続けていて現実的な視点で物を見ないといけないキノ達との考えの差異が露骨に出ていて、爆笑させてもらいました。表紙のキノたんも久しぶりにいい具合に中性的で自然なエロ可愛さ。これでこそ求めていた「キノ」だ!!(笑)

長編の「歌姫の国」はこれまでの長編と比べたら全然面白かったとは思うんですが、やはりキノの面白さは短編にありだとおもうので、こんなん入れるくらいならもう5編くらい短編収録してくれないかなあ…と思うのです。長編がつまらないわけでなく、短編には「キノ」でないと出せない味があると思うので。

そして基本的に他の作品の後書きは飛ばし読みなのにこの作品だけは「あとがき」を真っ先に探してしまう自分。今回もやらかしてくれました。ぶっちゃけ本編よりもあとがきに気合が入ってる気がするのは気のせいですか?(笑)

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/10/09

とある魔術の禁書目録(インデックス) 11

オンライン書店ビーケーワン:とある魔術の禁書目録(インデックス) 11とある魔術の禁書目録(インデックス) 11


鎌池 和馬〔著〕
メディアワークス(2006.10)

大覇星祭で行われた抽選会で、なんと1等の「イタリア旅行」を引き当てた上条当麻。不幸な星の下に生まれ、生涯「1等」なんてものに縁のないと思っていた自分が、何故…!?何かあるんじゃないだろうかと思いつつもいそいそとイタリアの地に降り立つ当麻とインデックスだったが、やっぱりイタリアでも事件が待ち受けていた…!
イタリア=ローマ正教の本拠地、ということで絶対それ絡みで何かあるんだろうと思っていましたが、今回は以前は当麻達の“敵”として現れた彼女がヒロイン。ラストで思いっきり当麻がフラグを立てていたのでいつかこうなるかとは思っていたけど案外早かった(笑)

このシリーズ自体、展開の目新しさというよりも水戸黄門的な面白さを狙っているんだと信じて疑っていないのでラストでどうこうなるというのは殆ど心配していません(というか、それを安心して読めるのがこの小説の強みだと思ってる)が、このシリーズでは無敵の当麻の幻想殺しも通用しない謎の力を使う男・司教ビアージオとの対決で今回ばかりは心配しました。相変わらずローマ正教はエグいキャラが多いですね。どうでもいいけど前回の感想書いたとき、グーグルさんで“ローマ正教”で検索かけるとうちのブログが1位になるという恐ろしい状態が暫く続いて戦々恐々でした。真面目な理由で調べてた人とか、ほんとごめんね!

行き先といいガイドが来なかったことといいオルソラのことといい、イギリス清教あたりが仕組んで当麻達を今回の旅行に向かわせたように思えてなりませんが、そうだとしたら本当に当麻が哀れだなあ…。

とりあえず私としてはブチキレた当麻が「その幻想を打ち砕く」とか言ってくれればおおむね満足です。その青臭さが大好きなので。本当にありがとうございました(*´▽`)
しかし、正直インデックスが空気な時の方が話面白い気がするのはきのせい…ゲフンゲフン!!

ところでこのシリーズ、電撃大王と少年ガンガンで漫画連載開始とのことですが。私にまたあの日本一ぶ熱い同人漫画雑誌の読者になれと?
だ、誰が描くかにもよるけど…個人的には鈴木次郎とか希望だけど壮太君とひぐらしがあるから無理だよなあ_| ̄|○
しかし、ガンガン本誌はそこまで人材不足なのかと問い詰めたい。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/09/28

とらドラ!3

オンライン書店ビーケーワン:とらドラ! 3とらドラ! 3


竹宮 ゆゆこ〔著〕
メディアワークス(2006.9)

大河に亜美との仲を誤解され、お互いぎくしゃくしたまま迎えたプール開き。少しだけ大河と仲直りできたかと思ったのもつかの間、なんと大河と亜美が水泳で対決することとなってしまい、頭を抱える竜児。しかも大河はとんでもないカナヅチで…!?

当人は気づいてないんだけど周りからみたら明らかにお前ら相思相愛だろ!って雰囲気がたまらんです。明らかに亜美に嫉妬してるのに、それを断じて認められなかったり、感極まって「竜児は、私のだぁぁぁぁぁーーー!!」と叫びだしちゃう大河が激しく可愛い。逆に竜児の方も少しずつ大河に傾いている様子が見受けられて、最初から最後までとにかくニヤニヤしっぱなし。ラブコメはくっついた後よりもくっつく前のもどかしい関係が大好きな私にとっては至高のラブコメシリーズかも。

今回は全体的に少し人間的に弱いというか脆い大河の様子がとにかく可愛かったです。普段「手乗りタイガー」なんていわれて恐れられていても実は泳げなかったり、貧乳を気にしていたり、女の子らしく嫉妬してしまっていたり(しかもそれを嫉妬と認められなかったり)で普通の女の子らしい部分が強調されていたように思えます。ああ大河たん可愛いよ大河たん。普段の「手乗りタイガー」な彼女とのギャップがたまらない!!

竜児に気のあるそぶりを見せる亜美や相変わらず良い味出してるみのりんもとても良い感じです。しかし個人的には水泳勝負でキレて猛烈に追い上げてくる亜美タンをもっと頑張って描写してほしかったなあ(笑)
みのりんの「偽乳特戦隊」は2006年ラノベ最強の迷言だと思います。

次巻はやはり亜美の別荘での夏休みネタでしょうか。かなり楽しみ。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/09/23

とらドラ!2

amazon.co.jp:とらドラ2!とらドラ! 2


竹宮 ゆゆこ〔著〕
メディアワークス(2006.5)

大河と竜児のクラスに、北村の幼馴染で美人の転校生・川嶋亜美が現れた。
雑誌でモデルをやっている彼女はすぐにクラスに溶け込み、その中心になっていく。
しかし、そんな彼女の本性は外面全開の性悪女で…!?
新キャラクターの亜美以上に櫛枝が良い味だしてます。
怒るときは怒るけど、過ぎた事は気にしないサッパリした気性に加えて情に熱い性格が最高。

しかしダイエットの話は…ありゃ温度下がるよなあ。可愛くなりたい女の子にはほぼ全世界共通のタブー項目でしょう。オシャレには無頓着気味な私でも、明らかに自分より体型良くて可愛い女の子にあんな発言されたらキレます。

そして同時に
「自分を『天然って言われる』、という人間に、まともな奴なんかいないのよ」

この部分に激しく同意。
自分が同じ女性だというのもありますが、こんな発言されたらぶっちゃけドン引きですよ。みのりんのオーバーリアクションには大爆笑しましたがw
天然っていうのは自分が天然だってわからない人のことを言うんだよ!自分のこと天然だとおもってる奴は確信犯っていうのです。

でも同時に、外面作って取り繕ってしまう亜美の気持ちも痛い程判る。きっとこの子もいろいろあってああいう性格になったんだろうなあ。ブチ切れてストーカーに突撃していく亜美が最高でした。余程溜まってたのね…!

ちょっと終わりが尻切れトンボっぽかったのが気になりますが相変わらず面白かったです。早いところ新刊買って来よう。

短編は爆笑しながら読んでましたが、生徒会長のキャラが最高。ていうかフルメタといい、殺×愛といい、最近個性爆発な生徒会長が多すぎですよラノベ界!

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/09/20

とらドラ!

オンライン書店ビーケーワン:とらドラ!とらドラ!


竹宮 ゆゆこ〔著〕
メディアワークス(2006.3)

目付きが悪く不良と間違えられることが悩みの“普通の少年”高須竜児は、とあるアクシデントをきっかけにクラス中から「手乗りタイガー」と呼ばれ恐れられる少女・逢坂大河とお互いの恋愛を成就させるため、共同戦線を組む事になるが…

うわああああ大河たん可愛いよ大河たん!

ちっちゃくても凶暴でツンデレで一生懸命ででもドジっ娘とか色々と最高です大河たん。可愛すぎるぜ大河たん。
序盤の展開でどうしても「涼宮ハルヒ」を思い起こしてしまいましたが、最後まで読んだら上質なラブコメでした。基本的にただの学園ラブコメには興味のない私ですがこれはツボに来た。お約束な展開の連続も非常に良いです。特にラストの展開は電車の中だというのに終始ニヤニヤが止まりませんでした。二人に幸あれ!

そして同時に大河も非常に可愛いんだけど、主人公の竜児がツボでした。
涼宮ハルヒにおけるキョンのような、ツッコミの激しいただの学生かと思っていたらなんと完璧な主夫。一家に一人欲しいタイプです。婿に欲しい。絶対こいつと一週間寝食を共にしたら餌付けされてしまうと思われる。是非我が家に来てお弁当を作って下さい。そして樹海になってる自室を掃除してくだs(強制終了)

余談ですが、1巻を購入した翌日にアニメイトの「とらドラ!フェア」を知り
猛烈に後悔した今日この頃です。とりあえず2巻はメイトで買いました。
3巻の在庫を店員に聞いたところ0.1秒で「ありません」と返事をされてビビりました。
そんなに聞いてくる人が多かったんだろうか…露骨に「もうその話はしないでくれYO!!」というオーラが漂ってましたが。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/09/20

レジンキャストミルク5

オンライン書店ビーケーワン:レジンキャストミルク 5レジンキャストミルク 5


藤原 祐〔著〕
メディアワークス(2006.9)

姫島姫・君島直子を狙った一件から暫く、平穏な毎日を送っていた晶達。
しかし、屋上で殊子や蜜に言われた何気ない一言が晶の心を揺さぶる。
そして同時に、少しずつ「非日常」の方が居心地良くなっていく自分に戸惑う晶。
しかもそこに、明らかに怪しげな双子の転校生が現れて…

「私達はね…変わりつつあるんじゃない、終りつつあるんだよ」
という殊子の一言が印象的。

どんどん「日常」に馴染んでいく硝子とは対象的に今まで否定してきた「非日常」の方へ、自分でも気付かないうちに踏み込んでいってしまう晶。確かに硝子が「変化する」ことによって虚界渦が解放され、今回のような結果になったわけだから確かに“終りつつある”という表現は正しいんだなあと感じました。晶にとっては猛烈に皮肉な結末なのではないかと。

そして人知れず蜜たんハァハァ。
義手を巡っての硝子とのやりとりでの意外性たっぷりなドジっ子ぶりに思わず萌えた!!(*´д`)=3

今回の魅せ場はなんといっても晶の告白(訣別)と硝子の虚界渦開放だとおもいますが、どうしようもなくこの作品らしい告白の仕方で、確かに芹菜にとっては残酷なんだけど大好きです。
しかし本当にこの虚界渦の能力って残酷だよなあ…。

無限回廊の過去最大級の浸食によって、すっかり構図が「非日常」側に書き換えられてしまった感が拭えないですが、やはり気になるのは今後の良司&芹菜の動向でしょうか。良司についてはなんかどさくさに紛れて最終決戦の頃には自軍に居たりしそうだけど(笑)真実を知ってしまった芹菜がどちら側に動くかが個人的には楽しみです。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/08/16

しにがみのバラッド。 9

オンライン書店ビーケーワン:しにがみのバラッド。 9しにがみのバラッド。 9

発売:2006.8
発行:メディアワークス
ハセガワ ケイスケ〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.16

今回はなんか微妙。凄く微妙。
読んでたら後半に向かうにつれ、すばらしい勢いで尻すぼみ。
「え?なにやってんのこれ??」と疑問系だらけのままあとがき。
なんか間違った方向で後味が悪い。
というか後半の数編をどう読んでも右から左に抜けていく。

最近このシリーズ本当にツボに来るか全く駄目かの二択だなあ。
4巻くらいまでは「構成とイラストがキノのパクリw」とかけなしつつも
キノとは全く違う魅せ場が多くてかなり好きな作品だったのですが…。

「ニノ」
「しにがみ。」だと思わなければ好きなんですが。
6巻の3話目と同じで「しにがみ」シリーズではやって欲しくない方向の話。すなわちバッドエンド。

「午後の猫。」「金魚の泪。」
「午後の猫。」が一番好きかも。「金魚の泪。」は今までの話の劣化焼き直し版という感じで。

残り
わけわからん、つか正直いらん。

なんかもうこのシリーズはモモの正体とか死神対決とかやらないで
毎回少年少女のほの痛いボーイミーツガールとか恋愛物語とかやってればいいとおもう。
なんか本当にモモの過去話とかその辺が蛇足。

キノにも同じこと言えるけど、一番最初に作られたテンプレからズレた話を書こうとすると駄目な感じがする。「学園キノ」は神だけど(待て)

といっても「金魚の泪。」を見る限りテンプレ通りにやっても序盤の勢いはない感じ。5巻くらいまでは本当に好きなシリーズだったんだけど、そろそろ買うのやめようかな…。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/07/19

天空のアルカミレス 2 テスタコーダの鬼

オンライン書店ビーケーワン:天空のアルカミレス 2天空のアルカミレス 2

発売:2006.7
発行:メディアワークス
三上 延〔著〕

posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.19
全体的にイマイチ盛り上がりに欠ける気がするのですが、シリーズものの2巻なのでこんなものかな?個人的には「シャドウテイカー」の2巻が神だったので、どうも比べてしまうものがあるんですが…

主人公達3人よりも脇役が光っていた気がします。
拓也達を支える享司、友典、そして和夫。
また攫われた礼菜に仕え、主の為ならどんな犠牲も厭わないレディ・バレット。
なんかこの4人のポジションが美味しすぎで主人公達の活躍が霞んでしまったようにも思えますが、拓也も日向子もまだ能力については発展途上…ということで、今後の活躍が楽しみ。特に拓也の過去の記憶・感情との葛藤は見ていて真に迫るものがありました。

特に基本的に正統派なヒロインを護る型の熱血ヒーローである拓也に対しての享司の存在が非常に良いと思います。単純思考なヒーローの影で物事のつじつまを合わせるダークヒーローというか、武装錬金のカズキと蝶野みたいな関係といいますか。悪ぶってるんだけど根はいい奴っぽいキャラは大好き(笑)

拓也・日向子・礼菜の三角関係も含め、次巻が非常に楽しみです。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/07/11

断章のグリム2 ヘンゼルとグレーテル

オンライン書店ビーケーワン:断章のグリム 2断章のグリム 2

発売:2006.7
発行:メディアワークス
甲田 学人〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.11
いやグロテスク以外の何者でもないって。<甲田さんの作品
1巻の「ホラーじゃないよ!メルヒェンだよ!」以上の衝撃だよ。
きっと甲田学人氏と私達で「グロテスク」の考え方が違うんだろうけど、あまりにも無謀な発言だと思うけどなあ…。

と思って、「グロテスク」で検索してみた。
http://gogen-allguide.com/ku/grotesque.html

つまり、甲田さんの定義している「グロ」は生理的嫌悪を及ぼす表現というよりは
人として「奇怪」という方向なのでしょうか。確かにそれなら今回の作品が「スプーン一杯のグロテスク」というのも頷けます。

…いや、まあ、多分世の中の人は本来の意味のグロじゃなくて「生理的嫌悪を及ぼす」意味でグログロいってるんだと思うんだけど…。
こういう場合、今回のような最早現実にはありえない描写よりも、「現実に起こりそうな」リストカットシーン(夜魔の「薄刃奇憚」など)やMissingで怪奇に取り付かれた少女が自分の目に硝子の破片を突き刺すシーンの方がキくと思うんだよね。


すいません、大分話がそれました。
しかし、どのブログ感想でも皆このあとがき発言について触れてるのが笑えるw

今回の感想は…うーん、なんか今までより全然感情移入できない、というか…イマイチ話に挽きこまれない。どこがどうというわけでもないんですが…。だからこそ「夜魔」も「Missing」も「断章のグリム」の1巻も怖いながらに大好きだったんだけどなあ。
ご本人が「グロテスク」をわざと意識して書かれた所為か、あまりにも現実離れした光景に移入できない。移入する暇も無く気が付いたら終わってた…というカンジで少し残念です。
童話の解釈とかは相変わらず面白いと思いました。
とりあえず、次巻ではグロとか気にしなくていいからいつものノリを、おっかなびっくりしつつ期待…してます…よ?(笑)

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/07/11

学園キノ

オンライン書店ビーケーワン:学園キノ学園キノ

発売:2006.7
発行:メディアワークス
時雨沢 恵一〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.11
先月発売された「ドクロちゃんです」の時雨沢さんの部分に関する感想で

時雨沢さん、全くの別シリーズであのノリのギャグ小説を書いて欲しい(笑)

とほざいた私ですが、本当に出ちゃいましたギャグ小説。
個人的には「時雨沢さん、グッジョブ!!」な出来です。
賛否両論真っ二つだとは思うけど。

本人が帯などで公言されている通り「キノの旅」だと思って読んではいけません。一言で言えば、腐女子が書いたギャグ系のパロディ二次創作小説であると思って読めば期待はずれということはないでしょう。
元のキャラクター(特にシズ)が妄想フィルターかかりすぎて最早別人状態になっている辺りまで腐女子クォリティを踏襲しています。

開き直りっぷりが素敵です、時雨沢さん。

本編に流れるどこか冷たくほの暖かい独特な雰囲気を期待していたり、あとがきの痛々しさには時にめまいを覚えるような人には確実に地雷。

私のように
時雨沢小説の本文なんか飾りです!偉い人にはそれが略
と笑顔で言える人には笑顔でお奨めいたします。

しかし、「ドクロちゃんです」や以前のあとがきに比べればはっちゃけ度低いんだよな…以前の「キノの足袋」的な子供の悪戯的なもっとコテコテな作風を期待していたのでちと残念。最近のキノ本編もそうなのですが、正直萌えを狙いすぎな部分がちょいと鼻につきます。まあここまで開き直られると味として楽しめなくも無いですが。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/06/15

奏(騒)楽都市OSAKA(下)

オンライン書店ビーケーワン:【ソウ】楽都市OSAKA 下【ソウ】楽都市OSAKA 下

発売:2002.4
発行:メディアワークス
川上 稔著
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.15
上巻からだいぶ間が開きましたが下巻の感想。

色々なところでも書かれているけど、物凄く文章のテンポがよくて今まで読んだ都市シリーズでは一番読みやすかったかも。また、舞台が日本というのもあって「終わりのクロニクル」知ってる人にはニヤリな単語(出雲社とか十拳とか…)もいくつか出てきたので、終わりのクロニクルからハマった人はとりあえず都市シリーズ入門でこれを読むと良いかも。

キャラクター的にはラストの結城・夕樹の激しいツンデレっぷりに萌え(笑)全く対照的な「想い」と「言葉」が同時に発言されてくるってシチュエーションは激しくツボでした。その言葉が徐々に一つになっていく所でノックアウト。

不満点を上げれば、妙子の名護屋弁が少々判りづらかったことくらいでしょうか。なんとなくその場のノリで適当に解釈しちゃってたけど中盤までわからなかった単語もしばしば。微妙なニュアンスが判らなくて戸惑う部分が少しありました。妙子というキャラクター自体は非常に好きだし、夕樹と和解する部分なんかは非常に燃えたのですが。

ところで、エロスとか増量らしい旧版の内容が激しく気になりますw

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/06/10

撲殺天使ドクロちゃんです

オンライン書店ビーケーワン:撲殺天使ドクロちゃんです撲殺天使ドクロちゃんです

発売:2006.6
発行:メディアワークス
おかゆ まさき〔著〕 / 高橋 弥七郎〔著〕 / 築地 俊彦〔著〕 / 鎌池 和馬〔著〕 / ハセガワ ケイスケ〔著〕 / 谷川 流〔著〕 / 水島 努〔著〕 / 成田 良悟〔著〕 / 時雨沢 恵一〔著〕

posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.10
どうしてこんなところにいるんですかCLAMP先生。
絵柄が明らかに一人だけ浮いてて素敵ですCLAMP先生。

電撃の人気作家さんを中心に全員で「撲殺天使ドクロちゃん」を書いたトリビュートノベル。前後の文章を予め原作のおかゆさんが考えて、その間を埋めると言う形なんで、前後の文章を8回読むのは正直微妙だったのですが逆に何の縛りもなくドクロちゃんのアンソロ小説を書きました、というより全然良いですね。各作家さんの味が出ていて面白かったです。

しかし「ドクロちゃん」のあの畳み掛けるような主人公の地文は、原作を読んだ時から鎌池さんに似てるな〜とおもってたけど、鎌池バージョンに関しては桜君の中に上条当麻が降霊してしまったようにしか見えない(しかも全く違和感がないw)

あと、ハセガワさんがこんな時でもいつものノリで素敵すぎです。
読んだ時暫くどうリアクションすればいいのか悩みましたから!!
原作を知っててあれ読むとある意味最大のギャグだと思います。

そして谷川さんと水島監督と時雨沢さんはギリギリの線走りすぎ(笑)
ブ△ーポップはとにかく小○館とディ■ニーは危険だからーーーっ!?
前者2人のところは電車の中で噴出しかけ
時雨沢さんの部分は電車の中では読めませんでした

他の作者さんも各人のキャラが上手く出てる感じで普通に面白かった。
企画物としては評判の悪い富士見の「小説やろうぜ!」よりよかったのでは?
ハセガワさんの浮き上がりっぷりもあの中に入るとある意味新鮮です。
時雨沢さん、全くの別シリーズであのノリギャグ小説を書いて欲しい(笑)「学園キノ」楽しみです。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/06/09

レジンキャストミルク4

オンライン書店ビーケーワン:レジンキャストミルク 4レジンキャストミルク 4

発売:2006.6
発行:メディアワークス
藤原 祐〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 9
見事に四方八方塞がりのまま終わった前巻ですが、今回では主人公を立ち直らせて以降はすっかり快進撃が続きます。ほのぼの×ダークといいつつも何気にやってることは王道展開で非常に好感触です。打ちのめされた主人公が成長して帰ってくるなんてもろに王道!!

しかし3巻で明かされた硝子の戦う理由、そして4巻で明らかになった密の覚悟などが非常にかっこいいのに対して晶はやってることが王道すぎて逆に目だってない感じが。出番の少ない里緒の台詞の方が印象深いのはなぜなのでしょう…。

今回は前巻からの予告通りに君子と蜜の過去話がメインな訳ですが、姉属性萌えとして殊子に激しく萌えました。犬猿の仲の義姉妹だけど、実は予想以上にお互いのことを気に入っているというところが非常に良いです。しかもそれが好きという感情ではなく否定的な感情を持ったが故の執着というところがまた。

ストーリー自体は主人公達が一回り成長して第一部終了という感じでしょうか。今後がますます楽しみです!
最後のきみちゃんの台詞に泣かされてしまいました。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/06/09

撲殺天使ドクロちゃん

オンライン書店ビーケーワン:撲殺天使ドクロちゃん撲殺天使ドクロちゃん

発売:2003.6
発行:メディアワークス
おかゆ まさき〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 9
トリビュート本の為にとりあえず1冊だけ購入しちゃいました。

某アニメイトで同人誌を物色していた所、延々と流れてくるぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪の音楽が耳から離れなくなってしまったという恐ろしい思い出を持つドクロちゃんです。

……

なんというか、とても暖かい気持ちになれるお話です。脳味噌が。

岡田あーみんが今のご時世に何をトチ狂ったか萌え漫画家として復活し、うっかり描いてしまった漫画を劣化小説にしたらこんなカンジかもしれません。いえ、ギャグが面白いといいたいわけではなく。嫌いなノリではないですが、ギャグマンガをそのまま小説にしてしまったような印象です。あかほりさとるや「乙女塾」が更にあざとくなったというか。

しかしこれがアニメ化したってどんな風にアニメ化したのか気になるところ。ゲーム版が旧CERO指定で18歳以上推奨になっていた理由がようやくわかりました(現在は確かD指定まで下がっていたと思いますが…)

個人的には、会話文に誰がしゃべったか注釈をつけなければいけないような小説は小説じゃないと言いたい。以前読んだ「ハルヒ」とおなじく、あんまり小説向けな作品ではない印象を受けました。

日常生活に疲れたら読むといいかもしれない
でもこれを今後定価で購入しようという気分にはあまりなれない。
そんなかんじ。

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/06/07

レジンキャストミルク3

オンライン書店ビーケーワン:レジンキャストミルク 3レジンキャストミルク 3

発売:2006.5
発行:メディアワークス
藤原 祐〔著〕

posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 7
姫島姫の身体を固定剤にして現れた“無限回廊”。
その中に姫の意識が生きているということを告げられず、思考回路に不全を生じさせる硝子。
硝子の友人・君島直子や“壊れた万華鏡”舞鶴蜜を巻き込んで事態は最悪の展開に。
…というか、2巻から見事に主人公の思惑が裏目に出まくりですね。「こうなったら嫌だよなぁ」とおもった方向にストーリーがズンズン進んでいくのはある意味流石という感じです。虚軸になってしまった某クラスメイトの狂気も必見(ありがちではあるけど、王道なだけに痛々しいんだよなあ…)

ある意味一番強烈だったのがゲストキャラ?の担任の先生かも。
ノリ的には「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」の先生に近いんだけど、その正義感が裏目に出てしまった最たる例というか…いつでも「友情・努力・勝利」で切り抜けられるもんじゃないというのが痛烈に痛い。少し考えればわかるはずの結果すら見えない盲目ぶりはもう見ていて不快にすらなりました。
“行き過ぎた正義は悪である”っていう言葉がぴったり来ますね。(しかしこれ、どの作品のセリフだっけ?)

どろどろに鬱でシリアスでダークなストーリーが連発する中、それでも時々しっかりと甘いほのぼのコメディが入ってくるのがまた上手いです。大体こういう小説って話がシリアスになればなるほど、シリアスの比重が多くなってコメディ色が薄くなるものですが、このシリーズは短いながらもほのぼのパートのインパクトが強いのでほのぼのとダークのシリアスが絶妙に感じます。

酒に酔った舞鶴のツンデレ発言連発に大爆笑。(作者さん狙ってる?(笑))
そしてカラー口絵漫画にも大爆笑(プリンの国って…!!)
カラー口絵で漸くなんとなーくだけど虚軸について理解した私でありましたorz

しかしこれ、2巻がみつからなかった関係で4巻発売直前に読むことになって正解だったかも。発売日直後に3巻読んでたら続きが気になってしょうがない1ヶ月を送るところでした。
というわけで、4巻に期待!!

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/06/06

レジンキャストミルク2

オンライン書店ビーケーワン:レジンキャストミルク 2レジンキャストミルク 2

発売:2006.1
発行:メディアワークス
藤原 祐〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6. 6

序盤の“ほのぼのパート”で色々と癒されていると、後半のどろどろのダークパートで痛い目をみる「レジンキャストミルク」の第二段。
全体的に考えるとほのぼのとした日常生活のパートは本当に最初のちょっとしたところしかないはずなのに妙にそちらが印象に残っており、当事者でもないのに彼らが2巻開始当初での関係には戻れないんだなあ、と思うと無性に悲しくなります。
いやもう、カラー口絵のかしまし4人組のやりとりとか覚えてたりすると、マジで欝ですね…。

特に姫島姫がいなくなってグループのバランスが崩れ、彼女の代わりを務めようとする硝子を八重が諭すシーンなんか秀逸かと。
他人が全く同じ台詞・同じ行動をとっても、その人じゃないと務まらないポジションってありますよね。人の真似をすれば良いもんじゃないっていうか。逆にそういった本来直すことの出来ないはずのバランスまでも違和感がないように修正を行ってしまえるペイントマーカーってものの存在がそら恐ろしく感じました。

しかし、前巻に引き続き戦闘シーンがかっこいい。特に里緒のマジ切れモード萌え(笑)主人公達の台詞は前巻よりもソフトになってましたね(やはり「レ●プして」はマズかったんでしょうか…)

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/05/19

蒼穹のファフナー(再読)

蒼穹のファフナー蒼穹のファフナー
冲方 丁


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アニメ「蒼穹のファフナー」のノベライズ。
以前友人に借りて一度だけ読んだことがあるのですが、当時はアニメ版を見る前で良く判らないまま読んでいたので自分で買って再読してみました(積読本の予備を鞄に入れるの忘れて帰宅中暇だったので…)

ストーリーはアニメの設定を下敷きに書かれたオリジナルのストーリーになっています。キャラクターもメイン以外のキャラはほとんど出てこないし人類軍も出てきません。またマークゼクスが永久欠番になってたり、甲洋や真矢に超能力的な力が備わっていたり、と細かい設定に違いがあります。

アニメでは何の活躍もせずに死んでしまった蔵前がかなり出張っている事(RIGHT of LEFTではメインキャラらしいですが…)に加えて翔子の話の比重が非常に大きいです。特に翔子は重要キャラの割にあまりキャラクターの掘り込みがされないまま逝ってしまった観があるので好きな人には必見かと。(小説版の翔子ちゃんは健気で天然でめちゃくちゃ可愛いです(笑))また、真矢がヒロインに格上げされてますねー。全体的に女の子の扱いがよくなってる印象。

逆にアニメと違って総士と一騎の絡みは殆ど無いのでそちらに萌えな腐女子さんには辛いかも?(前半は下手するとアニメ版よりも総士×一騎ですが)というか総一萌えしたいなら同氏の「ストーリー創作塾」が一番萌えられるかと!

この他、色々アニメでは深く語られていない設定や設備・各キャラクターの行動の真意や心情が丁寧に描かれていますのでアニメ版が好きだった人にはオススメです。メインキャラでも咲良達3人や乙姫は出てこないのでその辺が好きな人には微妙かもしれませんが…(いつかもう一作くらい出してその辺を補完して欲しいな〜(笑))

■参考リンク
 ・「蒼穹のファフナー」初読感想
 ・「沖方式ストーリー創作塾」感想

TOP > レーベル別>電撃文庫
2006/05/18

天空のアルカミレス

オンライン書店ビーケーワン:天空のアルカミレス天空のアルカミレス

発売:2006.4
発行:メディアワークス
三上 延〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.18
「シャドウテイカー」の三上さんの新シリーズ。

シャドウテイカーはどちらかというと守られ主人公と戦うヒロインというカンジだったのですが、今回は主人公がちゃんとヒーローしてます(笑)ヒロイン二人も妹的存在な幼馴染と謎の転校生で偉くストーリーも王道展開をひた走ってます。個人的には断然ツンデレと見せかけてかなり天然、な日向子推しです。

しかし、このタイプの主人公を際立たせるには多少は仕方ないんだろうけど、日向子の戦闘力がなんというかかませ犬すぎる…最初から出てきたのが最強部類の敵だったから仕方ないとはいえもう少し戦闘的な見せ場があっても良かったんじゃないかなあとか思ってしまうのですが(雑魚敵一匹をかっこよく倒すような見せ場くらいあっても良かった気がする)
逆に礼菜は無力キャラですが色々秘密がありそうなので今後が色々と楽しみ。東京アンダーグラウンドの某正ヒロインみたいに「序盤で攫われたまま出番ナシ」っていう展開だけは避けて頂きたいですが…というか全体的にこの話、東京アングラに似てるなあ。

王道展開大好きなのでめちゃくちゃ今後が楽しみです。